技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
久保田達也=サイバー大学IT学部教授,イッツ代表,冒険家
2008/10/30 16:00
印刷用ページ

 懸案になっていた「ソーラースケボー」についてあれこれ調べたり、絵にしてみたりしてみた。けど、意味がないかもと、ちょっと思ったりしている。前回の記事のコメントでそんな意見を色々いただいたのだが、「ごもっとも!」と言うほかないのである。「ソーラー充電による電動モーター駆動のスケボー」の意味って、何だったんだろうか。

 ということで、当初のイメージを改めて思い起こしてみることにする。それは、「移動には石油エネルギーをなるべく使わないようにしたい」ということだった。それなら公共の交通手段を使うか、近距離なら自転車に乗るのが一番よさそうだ。その両方が必要という場面も想定できるが、そのために乗り物をバスや電車に持ち込むのはかなり面倒だ。となれば、最終的には手ぶらで歩くのが一番正解となる。つまり、ソーラーでもモーターでもスケボーでもないというわけだ。

 それでは「公共の交通手段さえあれば個人の乗り物なんぞは必要ない」ということで一件落着、このコラムも以降不要てなことになってしまい、小生としては、はなはだおもしろくない。ということで、初心に戻って考えてみることにしたわけである。

 「持ち運べる乗り物」を追求するということであれば、ソーラースケボーのコンセプトはアリかもと思う。第一、楽しそうだ。気を取り直して先日、キディランドでキックボードを買ってきて乗ってみた。疲れた。陸トレみたいだった。お巡りさんに見つかると怒られちゃうし。その点、自転車は楽でいい。そうでなければ、テクテク歩いた方が気軽でいいや。あ、また振り出しに戻ってしまった。

 いやいや、そんなことでメゲることはない。モノを作る前にはコンセプトを作る。正確にいうと、モノ作りとコンセプト作りを繰り返しながら進めていく。まるで双六のように回り道しながら3歩進んで2歩下がる。ときどき、振り出しに戻ることもあったりする。そんなものなのだ。

 そう思い直して、この1カ月をかけてあれこれ調べ考えてみた。とりあえず、その経過をご報告したい。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング