技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【電子産業史】1996年:DVDの開発

寸前で分裂を回避,その教訓は生きたのか

2008/08/25 09:00
印刷用ページ

1996年にDVDプレーヤーが発売された。

 DVDの市場デビューからちょうど10年目の2006年。今,まさにDVDは黄金期を迎えている。記録型DVD媒体の世界需要は対前年比で40%以上も増え,約60億枚/年に達する見込みだ。記録型媒体でずっとトップの座を守ってきたCD-Rの需要を,早ければ2007年にも抜く。もちろん映画などのパッケージ媒体でも,既にDVDの販売数はVTRカセットの最盛時をはるかにしのいでいる(図1)。


図1 DVDの勢いはまだ止まらない 販売用(いわゆるセルスルー)とレンタル店用の販売数などを合計した値で映像パッケージ媒体の推移を追った。日本映像ソフト協会の調べによる月別の「ビデオソフト売上速報」の集計値より。 (画像のクリックで拡大)

 しかしあらためて10数年前の誕生期を思い返すと「よくここまで」と思えるほどDVDは難産であった。

 DVDの開発が本格化したのは1990年代に入ってすぐのことである。そのころMPEG-2の規格が固まり,映画1本のデータ量を3G~5Gバイトに圧縮するメドが立った。これを光ディスクの片面に収めるために必要な記録密度向上(目標はCDの6~8倍)技術も手駒に入り始め,実用化機運が一気に盛り上がった。

 記録密度を上げるには,データの読み書きに使うレーザ光を対物レンズでなるべく小さく絞ればよい。主に二つの方法がある。光源の短波長化と,対物レンズの開口数(NA,どのくらい急角度で光束を絞り込むかを示す値)の増大である。光源の短波長化では業界が一致した。CDが使う波長約780nmの近赤外レーザを,650nm前後の赤色レーザに置き換えるというものだ。ところが対物レンズのNAで意見が分かれた。CDで0.45だったNAを,0.52にしてディスク片面容量を3.7Gバイトにするか,0.6に高めて5Gバイトを狙うかで業界は真っ二つになった。

 1994年12月にソニーやオランダRoyal Philips Electronics社らが「MMCD」規格を発表(NAは0.52)。間髪入れず1995年1月に東芝や松下電器産業など7社が「SD」規格を提唱した(同0.6)。NAが0.52ならCDと同じディスク構造で大丈夫。その代わり,記録容量はさほど上がらない。一方,NAを0.6に上げれば容量は一気に増える。しかし新製法の導入が必要でコストの増大が心配された。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング