技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【電子産業史】1990年:オール・デジタルの地上HDTV放送の提案

放送のデジタル化の始まりメディア融合に帰結

2008/08/21 09:00
印刷用ページ

1990年,オール・デジタルのHDTV放送方式が提案された。

 1990年6月,それまでのHDTV放送システムの開発を一変させる技術提案があった1)。米General Instrument(GI)社の「DigiCipher」である(図1)。特徴は,映像のデジタル圧縮に加えて伝送方式もデジタルにした,いわゆる「オール・デジタル」方式であること。1990年6月に,米国の次世代地上テレビ放送(ATV)方式の検討を進めるFCC(連邦通信委員会)の諮問機関に提案された。


図1 DigiCipher方式のエンコーダ/デコーダの試作機と開発リーダーのWoo Paik氏 本誌1996年9月9日号より。 (画像のクリックで拡大)

 このころは,日本がアナログ伝送のMUSE方式による衛星ハイビジョン放送の実用化に突っ走り,欧州勢が対抗馬のHD-MACの開発を推し進めるという構図だった。特に国内では1989年に実験放送が始まり,1991年には試験放送に昇格させるというちょうどそのタイミングで,オール・デジタルのテレビ放送技術が提案されたのである。

 映像システム開発の関係者に本当の意味で衝撃が走ったのは,その1991年と1992年の「NAB(National Association of Broadcasters)」で行われたデモ(シミュレーションおよび電波を受信する実験)である。GI社の提案は,デジタル圧縮技術に磨きをかけて,地上放送にデジタル変調を施し,HDTV信号を押し込めて送信しようというもの。しかし6MHzという帯域幅だと,確保できる伝送容量は20Mビット/秒程度。この中に本当にHDTVの映像信号を押し込められるのか,という疑念があった。デモで,こうした疑念は払拭された。映像データの高能率符号化技術の威力が証明されたからだ2~4)

 この後,テレビの世界が様変わりする。まず,米国ではDirecTV社による100チャンネルを超えるSDTVの衛星デジタル放送が1994年に始まる。さらに同年には,動画像圧縮の国際標準規格MPEG-2がまとまり,1998年には米国でHDTV(変調方式は8値VSB),英国ではSDTVの多チャンネル放送(変調方式はOFDM)がスタートするのである。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング