• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント日経エレが目撃した電子産業・歴史の現場 > 【電子産業史】1990年:オール・デジタルの地上HDTV放送の提案

日経エレが目撃した電子産業・歴史の現場

【電子産業史】1990年:オール・デジタルの地上HDTV放送の提案

放送のデジタル化の始まりメディア融合に帰結

  • 2008/08/21 09:00
  • 1/3ページ

1990年,オール・デジタルのHDTV放送方式が提案された。

 1990年6月,それまでのHDTV放送システムの開発を一変させる技術提案があった1)。米General Instrument(GI)社の「DigiCipher」である(図1)。特徴は,映像のデジタル圧縮に加えて伝送方式もデジタルにした,いわゆる「オール・デジタル」方式であること。1990年6月に,米国の次世代地上テレビ放送(ATV)方式の検討を進めるFCC(連邦通信委員会)の諮問機関に提案された。


図1 DigiCipher方式のエンコーダ/デコーダの試作機と開発リーダーのWoo Paik氏 本誌1996年9月9日号より。 (画像のクリックで拡大)

 このころは,日本がアナログ伝送のMUSE方式による衛星ハイビジョン放送の実用化に突っ走り,欧州勢が対抗馬のHD-MACの開発を推し進めるという構図だった。特に国内では1989年に実験放送が始まり,1991年には試験放送に昇格させるというちょうどそのタイミングで,オール・デジタルのテレビ放送技術が提案されたのである。

 映像システム開発の関係者に本当の意味で衝撃が走ったのは,その1991年と1992年の「NAB(National Association of Broadcasters)」で行われたデモ(シミュレーションおよび電波を受信する実験)である。GI社の提案は,デジタル圧縮技術に磨きをかけて,地上放送にデジタル変調を施し,HDTV信号を押し込めて送信しようというもの。しかし6MHzという帯域幅だと,確保できる伝送容量は20Mビット/秒程度。この中に本当にHDTVの映像信号を押し込められるのか,という疑念があった。デモで,こうした疑念は払拭された。映像データの高能率符号化技術の威力が証明されたからだ2~4)

 この後,テレビの世界が様変わりする。まず,米国ではDirecTV社による100チャンネルを超えるSDTVの衛星デジタル放送が1994年に始まる。さらに同年には,動画像圧縮の国際標準規格MPEG-2がまとまり,1998年には米国でHDTV(変調方式は8値VSB),英国ではSDTVの多チャンネル放送(変調方式はOFDM)がスタートするのである。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ