技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【電子産業史】1985年:32ビット・マイクロプロセサ

情報処理の新時代を切り拓いたプロセサ

2008/08/18 09:00
印刷用ページ

1985年に米Intel社は,同社初の32ビット・マイクロプロセサ「80386」を発売した。


図1 米Motorola社の「MC68020」 本誌1984年9月24日号より。 (画像のクリックで拡大)

 1980年代に入り32ビット・マイクロプロセサが登場し,本格的なコンピューティング・パワーを個人レベルのものとする道筋をつけた。世界初のマイクロプロセサである米Intel社の4ビット・プロセサ「4004」が登場した1971年から,8ビット,16ビットの時代を経て10年余りがたっていた。

 1981年のISSCC(International Solid-State Circuit Conference)でシステム・メーカーの内製品を含めた32ビット・マイクロプロセサの開発発表が相次いだが,半導体メーカーから汎用品の出荷が始まったのは1983年以降であった。1983年に米National Semiconductor社が「NS32032」のサンプル出荷を始めて先陣を切り,翌年には米Motorola社が「MC68020」で続いた(図1)。

 Intel社は1985年に満を持して「80386」を市場に投入した(図2)。16ビット・プロセサ「80286」との上位互換性を保っている。米Zilog社,英Inmos社なども相次いで参入した。


図2 米Intel社の「80386」 本誌1985年11月4日号より。 (画像のクリックで拡大)

 日本の半導体メーカーでは,それまでIntel社のセカンド・ソースとしての色彩が強かったNECが独自路線を歩み始めた。独自アーキテクチャの「V60/V70」を開発し,参入した。他の日本メーカーの多くはノイマン型プロセサの集大成を目指すTRONチップの陣営へ加わった。

 世界中の有力半導体メーカーが各種の32ビット・チップを市場投入したが,Intel社とMotorola社の2強対決の様相が色濃かった。両社は16ビット時代までと異なり,セカンド・ソースのライセンスを他社に与えることはなく,他社は独自開発を迫られたともいえる。

 当時,各社が盛大な製品発表会やセミナーを開催したが,どれも大盛況だったことが思い出される。半導体各社の力の入れようと,ユーザーであるシステム・メーカーの大きな期待が表れていたように思う。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング