• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり失敗は当たり前,では成功は? > 米社の社長と「製造の付加価値」で大激論

失敗は当たり前,では成功は?

米社の社長と「製造の付加価値」で大激論

島津製作所 社長 服部 重彦 氏

  • 2008/04/25 16:35
  • 1/2ページ
服部 重彦 氏
写真:藤本 純夫

 我々は研究開発型メーカー。まあ,格好良く言えばそうなります。研究者とかお医者さんとか,そういう人たちが新たな発見や発明をしたり,あるいはお医者さんの場合は開業をしたりする際,それ支援するツールを供給しているメーカーです。その点で普通の企業とは違います。研究者やお医者さんの近くにいて,彼らにいい仕事をしてもらうためにも,我々がしっかりした仕事をせなあかんというポジションです。研究者のすぐそばにいるという意味でも,やっぱり研究開発型の企業なんですね。

米国で気付いた「製造にこそ付加価値」

 実は研究開発型企業というのはこれまで,製造面を少しおろそかにしたところがありました。何しろ多品種少量生産で,商品の種類は数千にも及びます。中には,1個造るのに1カ月も2カ月もかけるような商品もあります。こうした商品の特性から,どうしても製造よりも研究開発が中心になります。

 私はもともとクロマトグラフという分析機器の図面を描いていた技術者ですが,研究開発と製造の関係をずっと考えてきました。製造があって研究開発も生きるのではないか,ものづくりこそメーカーとしての存在感と付加価値があり,そこから利益が生まれるのではないかと。そのため,研究開発型企業でありながら,思い切ってものづくりを全部手元で徹底的にやってみようと思っています。ジャスト・イン・タイムなどの手法を取り入れることで,利益を大きく増やせる余地があるはずです。

――製造や工場を強化しようと思ったきっかけは何ですか。

 我々の商品はほとんどが多品種少量生産なので,世の中の常識ではジャスト・イン・タイムなんてできっこない,ということになっています。そこに挑戦したい。

 そのきっかけの一つは,私が米国にいた20年ぐらい前の経験です。競合する分析機器メーカーの社長が集まって会食した際に,「服部さん,ちょっとジャスト・イン・タイムとカイゼンを教えてよ。日本では普及しているんだよね」と聞かれました。当時は日本の製造業が最強といわれ,改善や系列がカタカナになって,そのまま英語になったわけです。もちろん当時の島津製作所はカイゼンはやってないし,ジャスト・イン・タイムにも取り組んでいない。その時に「ああ,我々は製造面を少しおろそかにしているな」と,ふっと思いました。いずれ製造を強化しなければならないと。彼らは20年前に日本からカイゼンを学んで取り組んでいるわけです。

 そういう思いもあって2年半ほど前,ものづくりの強化に取り組み始めました。始めてみたら,やっぱりジャスト・イン・タイムにしろカイゼンにしろ,付加価値が一日一日積み上がっていく仕組みになっているんですね。最初に考えた人は大したものだと思います。我々はまだまだ道半ばです。道半ばだけど,多品種少量でもカイゼンやジャスト・イン・タイムはできる,そういう自信はついてきました。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓