• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり失敗は当たり前,では成功は? > 失敗は宝の山,しかしルール違反は大問題 それは最近の経営者を見ると分かります

失敗は当たり前,では成功は?

失敗は宝の山,しかしルール違反は大問題 それは最近の経営者を見ると分かります

キヤノン電子社長 酒巻 久 氏 

  • 2008/04/21 13:45
  • 1/2ページ
酒巻 久 氏
写真:佐藤 久

 我々が最も力を入れているのは「失敗・成功事例集」の作成と,それに基づく勉強会です。この事例集には,どんな失敗でも必ず書き込む。書いてくれさえすれば,マイナス評価はしません。逆に,良い事例を書いてくれた場合は評価するというのがルールです。製造現場が一番やってはいけないことは隠し事です。マイナス評価をしないことで,隠す必要がなくなります。

 失敗・成功事例集の中で特に重要なことは,なぜミスや失敗が起きたかという原因を解明することと,なぜそれを直属の上司が事前に見抜けなかったのかを明らかにすることです。この二つをしっかりやれば,ミスや失敗の再発を防止できます。逆に失敗事例の報告で,この二つが不十分だと書き直してもらいます。私自身が書き直しを指示します。

 そして,この事例集を基に1週間に1回程度,部署ごとに勉強会を開きます。一つの勉強会には10~20人が参加します。開発部門の勉強会は工場の事例が中心というように,他部門の失敗がなぜ起きたか,またなぜ防げなかったかを話し合います。

 失敗事例の勉強会というと,なんだか他人のアラ探しみたいな印象があるでしょうが,我々の場合は至極リラックスした雰囲気のものです。仕事ではないので飲み物やケーキなどの飲食は自由。経費は会社が負担します。あとは好きなようにやってくださいということですね。業務としての会議だと,自由な議論がなかなかできません。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓