• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント谷島宣之の「虚實の谷間に花が咲く」 > 新聞社会面の消滅を75年前に予測した寺田寅彦の慧眼と見込み違い

谷島宣之の「虚實の谷間に花が咲く」

新聞社会面の消滅を75年前に予測した寺田寅彦の慧眼と見込み違い

  • 谷島 宣之=「経営とIT」サイト編集長
  • 2008/04/21 10:14
  • 1/4ページ

 物理学者の寺田寅彦は1933年1月、「将来に於ける新聞は最早社会欄なるものの大部分を喪失して居る」と予測した。その根拠は動画像メディアの出現であった。寺田は「広い意味でのニュース映画によつて、人間は全く新しい認識の器官を獲たと云つても甚しい過言ではない」と動画像メディアを高く評価したが75年後の今、依然として新聞には社会面がある。予測はなぜ外れたのだろうか。

 本題に入る前に、この場を借りてTech-On!読者の方々にお礼を申し上げる。ありがたいことに前回の拙稿は多くの方に読んでいただき、5人の読者がAnnex欄において長いコメントを付けて下さった。5人のうち一人は先輩社員なので敬語を使うのはいかがなものかと思うが、5人とも「虚実」という題名に込めた筆者の意図を的確に探り出しておられる。

 筆者は前回、本連載について次のように書いた。「正直に書くと、連載の題名や企画は後付けであって、自分が書きたい話のネタをいくつか並べてみたところ、いずれも虚の世界、あるいは虚実の世界の話であったので、こういう題名をひねり出した。つまり、書きたいことを書いていきたい」。著者が「正直に書く」とわざわざ断っている場合、案外正直ではないことがある。拙稿はまさにその例であり、はっきりした統一テーマがあったからこそ、かような題名を付け、主旨文を書いたのである。

 「嘘を書くとはけしからん」と立腹される読者がおられるかもしれないが、まったくの嘘というわけでもない。実際には、書きたいテーマと書きたいネタがほぼ同時に浮かんだ。しかし、「これから何々について書きます」と宣言するのは芸がないと思い、あのような表現にした。ネタとは実際に書く具体例だから実であり、テーマは抽象的内容なので虚である。かように虚実はいつも入り乱れる。

【技術者塾】(8/24開催)
車載用樹脂製品のための樹脂材料の勘所


自動車部品に多く使われる樹脂材料を採り上げ、その基礎知識だけでなく、演習を通じて実務に役立つ実践力の習得を狙います。事例には、多くの自動車部品を採り上げて理解を深めます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 8月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓