技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

コスト主義の耐えられない軽さ

仲森 智博=編集委員
2008/03/07 14:50
印刷用ページ

 絵を買った。狩野融川という人が描いたものの掛軸である。画面の下方には小さな藻塩焼の作業小屋があり、淡く煙が上がっている。その横にはこれまた小さな1本の桜、その横は浜らしく、おだやかな波が見逃してしまいそうな淡さで描かれている。画面やや上方向にはこれも淡く遠山が描かれ、その下方には一艘の船が描かれているので、その間の大きな空白はすべて海、遠山より上の大きな空白はすべて空なのだろう。

 言ってしまえば、ほとんどが空白の紙である。そこに小さく淡い桜や小屋、船などのパーツを配し、全体の空間を支配する春の空気を表す。日本の水墨画ではよく「空気を描く」というが、まさしくそれなのである。有名な長谷川等伯筆の国宝『松林図屏風』も同じ。大胆に余白を残しながら霧中の松木立を描いているのだが、やはり「表現の主題は松そのものではなく、そこに漂う霧なのだ」というのが専門家の解釈である。
 
 国宝の方はともかく、私の買い物は3000円。「またまたぁ、粗悪なニセモノなんでしょ」と思われるかもしれないが、そうでもない。「では、とんでもない掘り出しか」。それもあまり当たっていない。「じゃあ、その作者が無名なんだろ」と勘繰りたくなるだろうが、それも違う。融川は江戸時代の奥絵師(幕府お抱えの絵師)で、葛飾北斎の師としても知られる。有名な証拠に、小説の題材にもなっている。私もある短編集でその画家の話を読んだことがあるのだが、ちょっと違うのをネットでも見つけた。国枝 史郎の『北斎と幽霊』という短編なのだが、青空文庫で読めるのでご興味のある方はこちらまで。もちろん無料である。

お客さんが望むから

 それは、融川が幕府の注文で屏風絵を描いたときのことである。彼はそれに渾身の精力を注ぎ込み、一大傑作をものにする。それを時の老中に見せるわけだが、その絵は、私が買った作品にも似てきわめて淡白なものだったらしく、老中は「もっと濃く金を蒔いてはどうか」などとアドバイスをする。普通の御用絵師なら「左様でございますね。さすが慧眼」などとおべっかを言いつつ引き下がるのだが、融川は「それは素人考え。これ以上書き足す必要はない」と突っぱねた。けれど、それで丸く収まるわけもない。お家の存続を願い、融川は切腹して果てる。小説では、この恨みを弟子の葛飾北斎が晴らすのだが、それにしても絵師ながら壮絶な生き様である。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング