技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

500本の記事で振り返る次世代DVDの6年戦争 【2008年:決着】

今井 拓司=Tech-On!
2008/02/21 11:30
印刷用ページ

 均衡は一夜にして崩れた。2008年1月4日,米Warner社はHD DVD規格によるコンテンツの提供を止め,Blu-ray Disc規格に一本化する意志を明らかにした。Warner社は,当初はHD DVD規格のみに賛同していたが,2005年10月に方針を転換,二つの方式を併用してきた。Warner社の翻意が表面化したのは,折しも「2008 Internatinal CES」が始まる直前だった。HD DVD普及推進団体は,CESの会場で予定していた記者会見を急遽取りやめた。

 一度崩れた力のバランスは,揺り戻しを見せるどころか,押しとどめられない勢いで一方に傾いていった。1月6~12日に米国におけるHD DVDプレーヤーの販売台数は, 前週比88%減の1758台に激減。2月11日,オンライン店舗によるDVDレンタル事業の最大手である米Netflix社は,今後Blu-ray Discのみを取り扱うと表明する。2月15日,ついに米小売最大手のWal-Mart社が,「HD DVDプレーヤーの扱いを2008年6月までに取り止める」と発表した。あとは時間の問題だった。

 2008年2月19日。東芝は,HD DVD事業の終息を宣言した。6年前,Blu-ray Discが産声を上げたのと同じ日に,HD DVDは短い生涯の幕を引いた。

次世代DVD・戦いの軌跡 報道特設サイトに戻る

1月

2月



* Tech-On!ではこれまで,次世代DVDに関する動きを詳細に報道してきました。関連記事は500本以上にも上ります。2002年から各年ごとに分けて動きをまとめるとともに,それらの関連記事へのリンクを集めました。本記事はその2008年版です。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング