技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

500本の記事で振り返る次世代DVDの6年戦争 【2007年:死闘】

今井 拓司=Tech-On!
2008/02/21 11:10
印刷用ページ

 舞台を市場に移し,両規格は激しく攻め合った。ただし,消費者の反応は鈍かった。ソニー・コンピュータエンタテインメントのPS3の出荷台数は,事前の期待ほど急激には立ち上がらなかった。

 年初の「2007 International CES」では,両方の規格に対応できる機種が話題を集めた。いずれは,このような機器が市場を制するとの予測もあった。

 両陣営は,あの手この手で需要の喚起を図る。松下電器産業は600米ドルソニーは499米ドルと安いBlu-ray Discプレーヤーを,それぞれ米国で発売。HD DVD側は,映画会社を寝返らせた。2007年8月20日,両方の規格を使ってコンテンツを提供してきた米Paramoun社と米DreamWorks社が,HD DVD規格のみに対応する方針を発表した

 秋ごろには,日本市場を中心に徐々にBlu-ray Disc陣営がHD DVD陣営を圧していく。2007年10月のCEATECで,規格策定・普及団体のBlu-ray Disc Association(BDA)が市場の現況を報告。国内市場では,Blu-ray Disc規格のパッケージ・メディアの販売枚数が全体の90%を占め,HD DVD規格を圧倒していると主張した。ただし米国では,規格の優位を決定付けるほど差が広がっているとは,必ずしも言えなかった。2007年が終わった時点の世界市場を見ると,対応機器の出荷台数,ディスクの販売枚数ともにBlu-ray Disc側が勝っていたが,極端に大きな差はなかったとみられる

次世代DVD・戦いの軌跡 報道特設サイトに戻る

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月



* Tech-On!ではこれまで,次世代DVDに関する動きを詳細に報道してきました。関連記事は500本以上にも上ります。2002年から各年ごとに分けて動きをまとめるとともに,それらの関連記事へのリンクを集めました。本記事はその2007年版です。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング