技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

500本の記事で振り返る次世代DVDの6年戦争 【2006年:発売】

今井 拓司=Tech-On!
2008/02/21 11:00
印刷用ページ

 2006年3月31日。東芝は満を持してHD DVDプレーヤーを発売した。当初は2005年内の発売を目指していたが,著作権保護技術「AACS」のライセンス開始が2006年2月までずれ込むなどの理由で大幅に遅れた。実売価格11万円の,高級感を演出した機種だった

 対するBlu-ray Disc陣営の切り札は,2006年春に出荷される予定だったソニー・コンピュータエンタテインメントの家庭用ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」。この製品も,同年11月に発売が延期された。その代わりに,ソニー・コンピュータエンタテインメントは価格を税別5万9800円から,税込み4万9980円に引き下げた。当時のBlu-ray Discプレーヤーの価格は,1000米ドル程度だった。PS3は,極めて安価なBlu-ray Discプレーヤーとみなすことができた。

 HD DVDプレーヤーは,Microsoft社の家庭用ゲーム機「Xbox 360」での採用が決まっていたが,標準搭載ではなく外付けであり,市場拡大の効果は限定的と見られた。PS3に対抗するため,東芝は価格を4万9800円とした普及機の投入を決定。次世代DVDプレーヤーの価格競争は,登場間もない2006年の年末商戦で早くも始まった。

次世代DVD・戦いの軌跡 報道特設サイトに戻る

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月



* Tech-On!ではこれまで,次世代DVDに関する動きを詳細に報道してきました。関連記事は500本以上にも上ります。2002年から各年ごとに分けて動きをまとめるとともに,それらの関連記事へのリンクを集めました。本記事はその2006年版です。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング