技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【番外編】ケータイを洗濯してしまったら

仲森 智博=編集委員
2007/10/26 14:01
印刷用ページ

 日曜日の昼下がり、自宅の風呂場付近から妻の絶叫が聞こえてきた。さすがに青ざめた彼女が言うには、私の携帯電話機を洗濯してしまったのだという。どうやらそれがポケットに入っていたのに私が気付かず,妻も気付かず、ズボンを洗濯機に投入してしまったらしい。ケータイが洗濯機に入るのを拒否してくれるわけもなく、洗濯、すすぎ、脱水のフルコースを浴びせてしまったのだ。

 思わず凍りついてしまった。ケータイ本体はまあ仕方がない。問題なのは電話帳である。これがすべて消えてしまったら、実生活はともかく、仕事の上では極めて困ったことになるのは明白だ。バックアップなど、当然とっていないし。

 凍っている場合ではない。すぐにパソコンに飛びつき、Googleで「ケータイ 水没」などのワードを入れて検索してみる。すると、あるわあるわ、事故報告や解決案の投稿を求める悲痛な叫びなどがいくらでも出てくる。

 スゲー、やっぱみんな同じ経験をしているんだ、などと安心している場合ではない。ベストの解決案を探さなければならないのだ。けれど、どのサイトをみても「即死」「少なくともメモリの復活は期待薄」といった悲惨な報告ばかり。中には「必ず復活させます」といった業者の案内もある。キンキンギラギラのインチキくさいサイトなんかもあって、ちょっとたじろぐ。値段を見て一層たじろぐ。

知識を総動員

 イヤー、目ざとく商機を見つけて商売しているなぁ、とか再び感心している…場合ではない。何とかヒントを探さねばということで、「こうして復活させた」という案件を探してみる。「ドライヤーでひたすら乾かす」という愚直案から「生米の中に埋める」といったあやしげな民間療法的推奨案まで無数にある。けど、どれが正しいのかさっぱりわからない。

 結局、ネットは多数の案を提示してくれるだけで、どれを採用するかを決めるのは自分でしかない。そんな当たり前のことを思いつつ、読み進んでいく。すると、ヒントになりそうなものがあった。「3日も陰干しすれば復活すると言われてやったけどダメだった。けど1週間以上放置していたら復活していた」という事故報告である。そうだ。電子機器は水に弱いとはいうけど、それは動作させているときのこと。当然、高温高湿試験なども経ているはずだから、非動作時に水がかかったくらいでは死ぬはずはない。水に濡れた状態で動作させず、水分を完全に抜けば必ず復活するはずだ!

 そういきり立ってはみたけれど、1週間ものんびり放置しておくわけにはいかない。そこで思いついたのが、電機メーカーの研究所勤務時代によくやっていた「置換法」の適用である。水と混じりあい、かつ水より沸点の低い有機溶媒などで、水を置換するのである。

 この用途で、昔よく使っていたのはアセトンだった。けれど、近所の薬局で手に入るのかという不安があるし、筐体などのプラスチック部品に悪影響を与える恐れもある。結局、これしかないだろうということで目星を付けたのが、アルコールである。

 早速、「ケータイ 水没 アルコール」などのワードで検索をかけてみる…(次ページへ

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング