• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり大黒天馬の「すきあり!」 > ユニバーサル・デザインの先にあるものは・・・

大黒天馬の「すきあり!」

ユニバーサル・デザインの先にあるものは・・・

  • 大黒 天馬=ITコンサルタント
  • 2006/05/10 19:40
  • 1/1ページ
 先日,飛行機で移動中に,機内誌をチラ読みしていた。機内誌には「食事や機材を改善しました」みたいなコーナーが大抵あるのだが,手にした号ではトイレの空室/満室サイン(Vacancy/Occupiedサイン)を改善した話が載っていた。要約すれば,今までは同じ絵柄を用いて色を変えていた(緑色の場合は空室,赤色の場合は満室)のだが,これでは色弱者には分かりにくい。そこで,色だけでなく異なる絵柄を用いて表現するように改善したという話である。これも特集記事にあるような色の見え方に対するユニバーサル・デザインの一例である。
【技術者塾】(5/23開催)
冷間鍛造・精密せん断・板鍛造の基礎と応用

~設計課題を解決する新しい金属加工法~


常温で金属に圧力をかけて、金型に沿った形状に加工する冷間鍛造・精密せん断・板鍛造は、材料の歩留まりが高く、高精度で高付加価値の形状を加工できます。これらの工法の基礎知識や応用例を得ることで、より低コストで高性能な部品の作製や調達が可能になります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月23日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ