• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > レクサスNX

レクサスNX

図◎高効率・低燃費ターボエンジンを搭載した「NX200t」
図◎高効率・低燃費ターボエンジンを搭載した「NX200t」
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車はレクサスブランド初の小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「NX」を、2014年7月29日に発売した(図)。競争が激化している小型SUV市場に向けたエントリーモデルとして投入した。30~40歳代のユーザーがターゲットである。

 新開発の直噴ターボエンジンを搭載した「NX200t」と、ハイブリッドシステムを搭載した「NX300h」の2タイプがあり、それぞれにFF(前部エンジン・前輪駆動)車と4WD(四輪駆動)車を用意した。価格は200tが428万~518万円、300hが492万~582万円(いずれも税込み)。

 レクサスNXは、トヨタの生産子会社であるトヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)で生産する。2014年8月8日には、同工場で本格生産が始まった(関連記事1)。月間販売目標は、2タイプ合わせて700台である。

 NX200tに搭載した直噴ターボエンジンは、トヨタが2014年4月に発表した高効率・低燃費エンジン群の一つで、最大熱効率は36%を達成している(関連記事2)。トヨタ自動車九州のエンジン専用工場である苅田工場(福岡県苅田町)で生産しており、当面の生産計画は年間約10万基となっている。

記事一覧

【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ