• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマCクラス > Daimler社、ボディーの48%をアルミ合金とした新型「Cクラス」を日本で発売

Cクラス

Daimler社、ボディーの48%をアルミ合金とした新型「Cクラス」を日本で発売

  • 林 達彦=日経Automotive Technology
  • 2014/07/11 17:20
  • 1/6ページ

 メルセデス・ベンツ日本は2014年7月11日、メルセデスブランドの新型「Cクラス」を日本で発表した。排気量1.6Lおよび2.0Lの直噴ターボエンジンを搭載する。

 価格は「C180」が419万円からと、アルミボディーを多用したクルマとしては最も安い部類に入る。メルセデス・ベンツ日本社長の上野金太郎氏は、「メルセデスの本気さを感じてほしい」と発表会で力を込めた。

図1◎メルセデス・ベンツ日本社長の上野金太郎氏
[画像のクリックで拡大表示]
図2◎ホワイトボディーの48%にアルミ合金を適用
[画像のクリックで拡大表示]
自動車未来サミット/モビリティーNEXT2016の告知サイト

おすすめ