• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマN-ONE > ホンダ「N-ONE」、2色塗装のラインを鈴鹿に構築

N-ONE

ホンダ「N-ONE」、2色塗装のラインを鈴鹿に構築

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2012/11/01 20:24
  • 1/1ページ
 ホンダは2012年11月2日に発売する軽自動車「N-ONE」のために、本格的な2色塗装ラインを鈴鹿製作所に構築する。先に販売している「N BOX」でも2色塗装の仕様はあったが、組み立てラインを出てからマスキングをし、屋根だけを別の色で塗っていた。これは一部の部品を外す必要があるなど手間のかかる工程であるが、生産ライン自体に手を入れる必要がないため、最小の投資額で2色塗装ができる。
48V化で変わるHEV勢力図
~日本は欧州の標準化に対抗できるのか~
Valeo社、Continental社、Infinion社など主要企業が講演


欧州メーカーが2016年に48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)を実用化します。48V化する最大の狙いは、発電機で、エンジン駆動力をアシストできるようにすること。燃費が向上し、欧州の2021年規制(CO2排出量=95g/km)をクリアしやすくなります。一方の日本は、各社が200V程度の高電圧電源を搭載し、専用の駆動用モーターを配置する、本格的なストロングHEVで世界をリードしています。日本は欧州勢に対抗できるのか━━。今回のセミナーでは、48V規格の最新動向から、事例、HEV市場に与えるインパクトまで、多面的に迫ります。詳細は、こちら

日程 : 2016年5月24日
会場 : 関内新井ホール (横浜・関内)
主催 : 日経Automotive

おすすめ