クルマ 自動車の最新技術を追う
 
2008/01/29 15:02
印刷用ページ

 マツダは、「アテンザ」を全面改良し、2008年1月29日に発売した。従来どおりセダン、5ドアハッチバック、ワゴンの三つのボディタイプを揃える。2代目となる新型アテンザは初代の運動性能を進化させたほか、Cd値を0.27として高速走行時の安定性を向上するとともに、静粛性や快適性を高めた。価格はセダンが207万~250万円、ハッチバックが228万~267万円、ワゴンが220万~267万円(いずれも消費税込み)。月間の販売台数は3タイプ合わせて1500台を目標としている。

クリッピング 01/29 15:52 マツダの新型「アテンザ」,排気量2.5Lのエンジンで2.3L並みのサイズに

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング