• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > レクサスLS

レクサスLS

 トヨタ自動車は2006年4月26日に、国内報道機関向けに「レクサスLS」を発表した。今回発表したのは「LS460」と「LS600h」「LS600hL」の3車種。LS460は、北米では2006年1月のデトロイトショーで、欧州では同年3月のジュネーブショーで発表した。LS600hLは同年4月のニューヨークショーで発表している。国内では、2006年9月に「LS460」を、2007年春に「LS600h」「LS600hL」を投入する予定。


関連記事
【デトロイト続報】トヨタの「LS460」、新プラットフォームで前後ともマルチリンク式サス採用

【デトロイト速報】トヨタの新型「Lexus LS」,8速ATやマッサージ機能付きシートを搭載

【ジュネーブショー速報】レクサス「LS460」、ステレオカメラによる歩行者検知や衝突回避ステアリングアシストなど採用

【ジュネーブショー速報】トヨタ自動車,「Lexus LS」の新安全装備のECUを1つに

【NYショー速報】トヨタ、最高出力316kW以上の4輪駆動ハイブリッド車「Lexus LS600hL」を出展

記事一覧

48V化で変わるHEV勢力図
~日本は欧州の標準化に対抗できるのか~
Valeo社、Continental社、Infinion社など主要企業が講演


欧州メーカーが2016年に48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)を実用化します。48V化する最大の狙いは、発電機で、エンジン駆動力をアシストできるようにすること。燃費が向上し、欧州の2021年規制(CO2排出量=95g/km)をクリアしやすくなります。一方の日本は、各社が200V程度の高電圧電源を搭載し、専用の駆動用モーターを配置する、本格的なストロングHEVで世界をリードしています。日本は欧州勢に対抗できるのか━━。今回のセミナーでは、48V規格の最新動向から、事例、HEV市場に与えるインパクトまで、多面的に迫ります。詳細は、こちら

日程 : 2016年5月24日
会場 : 関内新井ホール (横浜・関内)
主催 : 日経Automotive

おすすめ