技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

かけがえのない宝物を見つけた

参加者からのメッセージ

佐藤 永太郎=信州大学 理学部 地質科学科 原山研究室4年
2013/02/08 00:00
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 サイエンス・インカレを通して、さまざまなものを得ることができた。そのことを少しだけ紹介したい。

 まず「常に科学に謙虚であれ」ということ。私は、黄銅色に光る輝石という珍しい鉱物を対象として、その輝きの原因を研究していた。私はある考察に基づいて研究をスタートさせた。実験中に仮説と合わないデータがいくつか出てきたが、「自然科学におかしなデータはつきもの」という傲慢な気持ちから、それらを軽視していた。今思うと見当外れだったが、当時はせっかく勉強して考え出した仮説を諦めるのが怖かったのかもしれない。当然研究は行き詰まり、その後、担当教官に相談するまで研究は進まなかった。自然科学の分野においては自分の考えを研究対象に押し付けるのではなく、素直に観察し、語りかけてくるものを汲み取る謙虚な姿勢の大切さに気づいた。

 二つ目は「刺激とやる気」。サイエンス・インカレは異種格闘戦のようなもので、科学全般、さまざまな分野からの研究が集まる。会場での発表はどれも新鮮に感じ、独創的な考え方に驚いた。例えば「一番よくボールを飛ばす野球のバットを考える」や「黒鉛粉末‐菌体間の相互作用による微生物燃料電池の高出力化」など。身近な科学から普段あまり耳にしない研究まで、多種多様である。分野は違えども“同じ学年のライバル”たちがこれだけ集まるのはサイエンス・インカレだけだろう。インカレ終了と同時にさらに研究意欲が高まった。

 大会に出るのは億劫だなと思うときは誰にでもあると思う。しかし、それを乗り越えて参加したときに、自分だけのかけがえのない宝物を見つけることができる。是非、サイエンス・インカレに参加することをお勧めし

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング