• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスCEATEC JAPANから未来をつくる最先端技術を学ぶ > エネルギー関連に焦点を当てて技術力を訴求

CEATEC JAPANから未来をつくる最先端技術を学ぶ

エネルギー関連に焦点を当てて技術力を訴求

  • 加藤 伸一=テクニカル・ライター
  • 2011/11/14 00:00
  • 1/1ページ
村田製作所は、清水焼の技術をベースに、セラミック製のコンデンサーから事業をスタート。さまざまな種類の電子部品を幅広い用途に展開している総合電子部品メーカーだ。パソコンやスマートフォン、家電、自動車など、あらゆるエレクトロニクス機器を、より小さく、より高機能に進化させるために果たす役割は大きく、例えば、スマートフォンでは超小型のセラミックコンデンサや表面波フィルタなどの需要を伸ばしている。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓