• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスCEATEC JAPANから未来をつくる最先端技術を学ぶ > エネルギー関連に焦点を当てて技術力を訴求

CEATEC JAPANから未来をつくる最先端技術を学ぶ

エネルギー関連に焦点を当てて技術力を訴求

  • 加藤 伸一=テクニカル・ライター
  • 2011/11/14 00:00
  • 1/1ページ
村田製作所は、清水焼の技術をベースに、セラミック製のコンデンサーから事業をスタート。さまざまな種類の電子部品を幅広い用途に展開している総合電子部品メーカーだ。パソコンやスマートフォン、家電、自動車など、あらゆるエレクトロニクス機器を、より小さく、より高機能に進化させるために果たす役割は大きく、例えば、スマートフォンでは超小型のセラミックコンデンサや表面波フィルタなどの需要を伸ばしている。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス