• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスCEATEC JAPANから未来をつくる最先端技術を学ぶ > センサーや電源から、未来のエレクトロニクスを支える

CEATEC JAPANから未来をつくる最先端技術を学ぶ

センサーや電源から、未来のエレクトロニクスを支える

  • 加藤 伸一=テクニカル・ライター
  • 2011/11/11 00:00
  • 1/1ページ
ロームは、LSIをはじめトランジスタやダイオード、LEDなどの半導体デバイス、さらに、これらの電子部品を組み合わせたモジュールを開発、製造、販売する総合半導体メーカーだ。最近では、エレクトロニクスの応用範囲が、これまでの電子機器の内部だけでなく、仕事や生活のあらゆる場面に広がってきている。それにともない、ラインアップ拡充を目指し、これまでになかったセンサーの技術を持つ海外のセンサー・メーカーや、国内の半導体メーカーを買収することで、今後社会に必要になる技術を積極的に拡充していることでも知られている。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ