家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第1回:米国 . 存在感増すAndroid端末,スマートフォン発のゲームが人気

Phil Keys=シリコンバレー支局
2011/10/20 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年12月27日号 、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
Motorola社のスマートフォン「Droid X」。
(写真:Motorola社)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国では,2007年発売の米Apple Inc.の「iPhone」から始まったスマートフォン・ブームが,いまだに続いている状態だ。2010年には「iPhone 4」や「iPad」の追加によって,携帯端末市場は大騒ぎとなった。

 Apple社の携帯端末がヒットする一方で,米Google Inc.が手掛けるAndroid端末の人気も急速に高まっている。これらスマートフォン向けのゲーム・ソフトウエアも大ヒットし,据置型ゲーム機への移植も予定されている。もはや米国における携帯端末は,有力なメディア媒体としての地位を確立したといっても過言ではない。

iPadの登場で一変

 iPadの登場まで,米国ではネットブックが話題だった。しかし,2010年1月に開催されたiPadの発表会で,Apple社 CEOのSteve Jobs氏は「ネットブックは単なる安価なノート・パソコンだ。他の製品よりも優れている機能はない」と断言した。

 確かに,iPadの登場でネットブックの話題は沈静化し,代わってiPadに代表されるタブレット端末の話題で持ち切りとなった。米Gartner, Inc.によると,北米市場における「メディア・タブレット端末」の2010年の出荷台数は1189万台になる見込みという(図1注1)。このうちの大部分は,iPadの出荷台数のようだ。

注1)Gartner社は,iOSやAndroidといった「軽い」OSを搭載し,タッチ・スクリーンを備えたタブレット端末を「メディア・タブレット端末」と定義している。

図1 米国のタブレット端末市場を変えた「iPad」
Apple社によると,2010年第3四半期までに全世界のiPadの出荷台数は746万台だった。Gartner社の予測では,タブレット端末の北米市場の出荷台 数は2014年に8944万台になる。(図:Apple社とGartner社のデータを基に本誌が作成,写真:Apple社)
[画像のクリックで拡大表示]
【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング