技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

第32回 デザインを生かす仕事

上野 香織=就職塾向日葵 代表取締役
2011/12/19 00:00
印刷用ページ

漫画家を目指す

Sさんと初めて出会ったのは、卒業を控えた12月のことでした。

「漫画家になりたいんです」

というSさんは、大きな瞳を伏せるようにして占い師のように話す独特の雰囲気がありました。デザイン学科の中でも建築デザインを専攻し、年に数回同人誌の発行もしていました。

漫画家になるには、HPや同人誌で作品を発表して市場実績を積み、これらの市場実績を踏まえて、出版社に原稿を持ち込みます。それが認められると、単発読み切りの仕事がきます。単発読み切り漫画から、連載へと少しずつ仕事が増えていきます。また、有名な漫画家の先生の元でアシスタントとして、半ば住み込みように漫画を描いて、独立を目指す、という方法があります。

[画像のクリックで拡大表示]

Sさんは、持ち込みでも、住み込みではなく、投稿して賞を取って、先生になりたいのだと宣言しました。確かに、この方法なら大賞をとった瞬間に、「先生」と呼ばれ、雑誌掲載が約束されています。基本的に、漫画家も個人で仕事をしますから個人事業主として登録し、スタッフを使えるまで大きくなったら、法人として会社登録をします。この方法で漫画家になり、現在、スタッフを抱えるほどの売れっ子漫画家をしている方は多いのです。

夢と仕事のバランス

[画像のクリックで拡大表示]

Sさんのように、学びが専門的でありながらも、直接職業に結びつかない場合、夢と仕事のバランスを考えることから就職活動を始めなければなりません。

好きなこと、得意なこと、例えばデザイン、家、イラスト、漫画、ものづくりなど、これを仕事にするパターンです。仕事も趣味も生活の基盤も同じ、例えるなら一輪車です。これに乗ることを目指し、デザイナー業界、建築、車、家電、インテリア、エクステリア、広告など様々な業界のデザイン職にトライしなければなりません。例えるなら一輪車。乗るのも、乗りこなすのも難しいです。

そしてもう一つは、仕事は生活の基盤として割り切るパラーンです。好きなこと、得意なことは、趣味として好きなだけ長い時間をかけて築き上げ極めて行く、という考え方です。学びを直接社会で活かすのではなく、アルバイト経験を活かして事務・販売・企画職に挑戦してみてもよいわけです。これが二輪の自転車です。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング