• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント親子の就活ギャップ > 第6回:学びの延長線の仕事への無理強い

親子の就活ギャップ

第6回:学びの延長線の仕事への無理強い

―学びの損得勘定が子の葛藤を増幅させる―

  • 上野 香織=就職塾向日葵 代表取締役
  • 2011/02/21 00:00
  • 1/2ページ

子:私、洋服好きだから販売職しようかな
親:せっかく勉強したのに、もったいないじゃない
子:デザイナーを募集している企業は少ないの
親:今年募集しないなら、留学はどう? スウェーデンなんかどう? お母さん、北欧デザインに憧れてたのよ
子:・・・

という親子の会話です。

 学ばせてもらった手前、「せっかく勉強したんだもの。もったいないじゃない」という学びの損得勘定を言われると、どうにも反論できません。

 「実は、私、デザイン、は自信がないの」、という本音を話せないまま。留学するか、しないか、という本題とは、はずれた議論に入っていってしまいます。

 学びの損得勘定は、子どもの葛藤をより増幅させます。

広告デザイン業界

 「デザインの学びを活かせる業界につかなくちゃ」という親には、「個人事務所でもいいんですか」と聞くことにしています。

 すると、「え? どういう意味ですか」とおっしゃる親御さんが多くいらっしゃいます。広告デザイン業界を理解せずに、「学びを活かす」と言っているだけのことが多いのです。

[画像のクリックで拡大表示]

 上のチャートは、広告デザインの市場構造図です。

 広告は、一番上の青いところです。クライアント、つまり広告主といわれる企業が広告を作るお金を出します。一般的に、広告・宣伝部、販売促進部、商品企画部、といわれる部署がこの担当です。

トップページへ

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓