• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントTech-On!Campus読者300人に聞きました > 第4回・技術者として大切な能力は

Tech-On!Campus読者300人に聞きました

第4回・技術者として大切な能力は

  • 木村 知史=Tech-On!
  • 2010/08/16 20:00
  • 1/3ページ

 理系学生の就職に関する意識について,300人のTech-On!Campus読者に質問し,その答えを紹介する連載企画の第4回。前々回に紹介したように,今回のアンケートでは85%の人が技術者・研究者を目指していることが分かりました(下のグラフ参照)。では,技術者・研究者にはどのような能力が必要で,そして現在,学生の皆さんはどのような能力に磨きをかけたいと思っているのでしょう? 結果を紹介します。

“技術者・研究者(大学等の教育機関を除く)”を目指していますか

 技術者・研究者と一言でいっても,様々な職場において働く可能性があります。では,どのような職種を希望するのかを聞いてみました。

 最も多かったのは「研究/開発」(80.7%)で,約8割の人が選択をしました。研究/開発部門といえば,製品の売れ行きを左右する機能や性能を決定する最も重要な部門とも言えます。そのような場面にやりがいを求めるのは,技術者として自然と言えるかもしれません。

 以下に続くのが「設計」(47.0%)で半分弱の人が選択しました。ここまでは,製品の開発サイクルで言えば上流に位置しますが,3番目に多かった「生産技術」(24.7%)はどちらかというと下流に位置します。近年では,製品によってはモジュール化が進み,設計では差別化が付きにくいとも言われいます。そのような製品では,生産技術がひょっとすると企業の強さをアピールするポイントとなるかもしれませんので,もっと多くの学生に目を向けてもらいたいと思います。

Q12 どのような職種を希望しますか。(三つまで)
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓