技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

 出展小間数は半減,出展者数は約4割減,来場者数は3分の2に減少――。2009年12月2~4日に幕張メッセで開催された「セミコン・ジャパン 2009」は,“リーマン・ショック”以降の大不況が半導体業界に与えた甚大な影響を否応なく感じさせた。こうした沈滞ムードを吹き飛ばすかのように,展示会場内に活気をもたらしていたのが,「The高専@SEMICON Japan 2009」企画に参加した学生達だ。

 The高専@SEMICONは,半導体製造装置メーカーが自社出展ブース内に特設ブースを設け,高等専門学校(高専)などの学生に研究発表の場を提供する,学生向けの企画である。2008年,東京エレクトロンが中心となって半導体製造装置メーカー4社が立ち上げ,高専4校が研究成果を展示した(Tech-On!の連載記事)。

 今回は,厳しい経済環境にもかかわらず,協力企業が1社増えて5社となった。2008年の東京エレクトロン,大日本スクリーン製造,フジキン,荏原製作所の4社に,日立ハイテクノロジーズが新たに加わった。参加校も2校増えている。2008年も参加した高知高専,苫小牧高専,熊本高専,松江高専の4校に,大阪府立高専と水戸第二高校が加わり,合わせて6校となった。また,高専企画の原点となった福島県の工業高校による出展も,2008年同様に福島県半導体関連産業協議会のブース内で行われた。

 各校のブースでは,学生らしい新鮮なアイデアにあふれた技術や,研究成果の実物を展示する迫力に,今年も数多くの来場者が足を止め,学生に質問をぶつけたりしていた。協力企業の中には,「自社製品の展示よりも,こちらの方が面白い」「人だかりができているなと思って見てみたら,学生さんの展示だった」と打ち明ける人もいたほどである。

 本連載では,「大不況にもかかわらず高専企画を継続した半導体製造装置メーカーの思い」と,「セミコンの舞台で研究成果を披露した学生の活躍」を,順に紹介する。


【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング