技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

第1回:Google社のお仕事 ~ウェブ検索の場合~

大倉 務=Google 日本法人 ソフトウエアエンジニア 検索担当
2009/12/07 00:00
印刷用ページ

 「世界中の情報を整理し,世界中の人がアクセスして使えるようにする」という目標を掲げる米Google社。同社はその壮大な目標の下に,検索エンジン「Google」をはじめ,「Gmail」や「Googleマップ」など様々なウェブ・サービスを提供している。世界中の何千万,何億という人に毎日使われる魅力的なサービスを作り続けているGoogle社のエンジニア達は,日々,どのように仕事をしているのだろうか。Google日本法人で働くソフトウエアエンジニア 検索担当の若手エンジニアの大倉務氏に,Google社におけるエンジニアの仕事を紹介してもらいながら,エンジニアの魅力を探る。(Tech-On!)

(本稿は,2009年10月10日開催の第1回Tech-On!Campusミーティング「だから,エンジニアは面白い」での大倉氏の講演を基に構成したものです)


第1回Tech-On!Campusミーティングで講演する大倉務氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「Googleって何をしている会社ですか?」。そう聞かれた時に,多くの人は「ウェブ検索のサービス会社」と答えるでしょう。ウェブ検索は,確かにGoogle社が力を入れているサービスです。しかし,そのほかにも多くのサービスを提供しています。例えば,ウェブ上の画像検索や,デスクトップ上の検索,カレンダーやオンライン・ワープロのような機能,路線検索,メール,さらには地図やブラウザを作ったり,画像や動画の共有サービスを提供したりしています。

 もしかしたら,Google社は「インターネット関係であれば何でも良い」という姿勢で,手当たり次第にサービスを提供しているように見えるかもしれません。しかし,これらの機能やサービスはすべて,ある一つの目標のために提供しています。その目標とは,「世界中の情報を整理し,世界中の人がアクセスして使えるようにする」というものです。Googleという会社では,「この目標を実現するために必要なことをすべてやる」という理念の下に,社員が毎日働いています。

 ここでは,話を分かりやすくするために,Google社のサービスで最も有名なウェブ検索を題材にして,エンジニアの仕事について紹介します。まず,その前に,ウェブ検索の技術について簡単に説明しましょう。それに続けて,Google社におけるエンジニアの仕事を紹介し,最後にGoogleで働く魅力についてお話しします。

ウェブ検索の技術とは

 初めに,少し想像してみてください。もし検索エンジンというサービスがなかったとして,自分が友達から「こういうことについて知りたいのだが,何か参考になる情報がインターネットにあるか」と聞かれたとします。このとき,「どうすれば参考になる情報を返せるか」について想像してみましょう。

 色々な説はありますが,だいたいインターネット上には1兆ページくらいのウェブ・ページがあるといわれています。その中の100ページに1ページくらいは読んで役に立つページだとしましょう。さらに,人間が1ページ当たり1秒のペースで,それが友達の求めているものにマッチしているか否かを判断できると仮定します。すると,欲しい情報を見つけるまでに一体どの程度の時間がかかるでしょうか。これを大雑把に計算すると,およそ250年かかることが分かります。

 当然,情報を欲しいと思ってから250年後に「それはこのページに載っている」ということが分かったのでは全く意味がありません。これを,何とかして速くしなければならない。さらに,友達が知りたい事柄について書いてあるページが10万ページくらい存在していた時に,「この10万ページに載っていたよ」と友達に教えても,多分喜んでもらえません。その10万ページの中で,「特にこのページはすごく良い説明がある,特にこのページは分かりやすい」といった情報を返してあげる必要があります。

 このように,検索エンジンは,たくさんのページの中から役に立つページを速く,しかもどのページが良いページなのかを判断する必要があります。これが,Google社の検索エンジンのエンジニアが毎日挑戦している問題です。この問題に対するきちんとした答えがあるわけではないのですが,答えに少しでも近づくために,色々なアプローチで取り組んでいます。以降では,答えに少しでも近づくための技術のうち,いくつかを紹介します。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング