• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント識者からのエール > その会社の仕事に,自分は熱中できるか?

識者からのエール

その会社の仕事に,自分は熱中できるか?

元シャープ 常務取締役,フェロー(現FPDアソシエーツ代表) 
枅川正也氏に聞く(第3回)

  • 田中 直樹=Tech-On!
  • 2009/09/11 00:00
  • 1/2ページ

 前回に続き,シャープに入社した理由や,会社選びで大切なことについて,技術者として液晶パネル産業を立ち上げてきた元シャープ 常務取締役,フェロー(現FPDアソシエーツ代表)の枅川正也(ひじきがわ・まさや)氏に聞いた。

――シャープに入社した理由は。

枅川正也氏
枅川 正也(ひじきがわ・まさや)氏
1969年,シャープ入社。1999年に同社 常務取締役 液晶開発本部長,2003年に同社フェローに就任。現在はFPDアソシエーツの代表を務める。

 「ものづくりの遺伝子がシャープにはある」ということを,入社前に,強く認識していたからです。シャープ・ペンシルや鉱石ラジオを最初に実用化した会社ですし,白黒テレビの量産第1号機もシャープからでした。「シャープは新しいものを前向きにやっていく」という印象を,小さいときから持っていたのです。

 だから,入りたかった会社はシャープだけでした。入社試験も,シャープ以外に受けた会社はありません。シャープ1社に絞っていたところ,たまたまシャープが入れてくれたのです。

――入社して分かったシャープの良い点,問題点は。

 良い点は三つあります。一つは,常に新しいものに挑戦していく風土と遺伝子があること。二番目は,夢を具現化していくシステムを持っていること。能力のある者が組織の壁を越えて結集して,タスク・フォースを達成する「緊プロ(緊急プロジェクト)」がありました。三番目は,今も引き継がれていますが,雇用を守っていく経営姿勢です。

 問題点はあまりありませんでした。

――就職先を選ぶときには,何を基準にしたら良いでしょうか。

 自分がその会社に入ったときに,その会社の仕事に自分が熱中できるか。唯一,それだけを基準として会社を選んだら良いと思います。

 そのためには,そこの会社がどのような固有技術や独自技術を持っているのか。今,どのような技術を開発しようとしているのか。そして,その会社が目指している方向を知る必要があります。最近のニュース,その会社のニュース・リリースや学会発表などを,きちんと見なければ分かりません。今なら,例えばその会社が環境・エネルギー問題にどのような姿勢で取り組もうとしているのか。それを,しっかり調べると良いと思います。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ