技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

その会社の仕事に,自分は熱中できるか?

元シャープ 常務取締役,フェロー(現FPDアソシエーツ代表) 
枅川正也氏に聞く(第3回)

田中 直樹=Tech-On!
2009/09/11 00:00
印刷用ページ

 前回に続き,シャープに入社した理由や,会社選びで大切なことについて,技術者として液晶パネル産業を立ち上げてきた元シャープ 常務取締役,フェロー(現FPDアソシエーツ代表)の枅川正也(ひじきがわ・まさや)氏に聞いた。

――シャープに入社した理由は。

枅川正也氏
枅川 正也(ひじきがわ・まさや)氏
1969年,シャープ入社。1999年に同社 常務取締役 液晶開発本部長,2003年に同社フェローに就任。現在はFPDアソシエーツの代表を務める。

 「ものづくりの遺伝子がシャープにはある」ということを,入社前に,強く認識していたからです。シャープ・ペンシルや鉱石ラジオを最初に実用化した会社ですし,白黒テレビの量産第1号機もシャープからでした。「シャープは新しいものを前向きにやっていく」という印象を,小さいときから持っていたのです。

 だから,入りたかった会社はシャープだけでした。入社試験も,シャープ以外に受けた会社はありません。シャープ1社に絞っていたところ,たまたまシャープが入れてくれたのです。

――入社して分かったシャープの良い点,問題点は。

 良い点は三つあります。一つは,常に新しいものに挑戦していく風土と遺伝子があること。二番目は,夢を具現化していくシステムを持っていること。能力のある者が組織の壁を越えて結集して,タスク・フォースを達成する「緊プロ(緊急プロジェクト)」がありました。三番目は,今も引き継がれていますが,雇用を守っていく経営姿勢です。

 問題点はあまりありませんでした。

――就職先を選ぶときには,何を基準にしたら良いでしょうか。

 自分がその会社に入ったときに,その会社の仕事に自分が熱中できるか。唯一,それだけを基準として会社を選んだら良いと思います。

 そのためには,そこの会社がどのような固有技術や独自技術を持っているのか。今,どのような技術を開発しようとしているのか。そして,その会社が目指している方向を知る必要があります。最近のニュース,その会社のニュース・リリースや学会発表などを,きちんと見なければ分かりません。今なら,例えばその会社が環境・エネルギー問題にどのような姿勢で取り組もうとしているのか。それを,しっかり調べると良いと思います。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング