• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント識者からのエール > 「学生時代の研究や勉強で,仕事に生きたのは…」

識者からのエール

「学生時代の研究や勉強で,仕事に生きたのは…」

元シャープ 常務取締役,フェロー(現FPDアソシエーツ代表) 
枅川正也氏に聞く(第2回)

  • 田中 直樹=Tech-On!
  • 2009/09/08 00:00
  • 1/2ページ

 前回に続き,学生時代の研究で仕事に生きたことや,学生時代に身に付けておくべきことについて,技術者として液晶パネル産業を立ち上げてきた元シャープ 常務取締役,フェロー(現FPDアソシエーツ代表)の枅川正也(ひじきがわ・まさや)氏に聞いた。


――学生時代の研究や勉強で,仕事に生きたことはありますか。

枅川正也氏
枅川 正也(ひじきがわ・まさや)氏
1969年,シャープ入社。1999年に同社 常務取締役 液晶開発本部長,2003年に同社フェローに就任。現在はFPDアソシエーツの代表を務める。

 私は大学で物理を専攻しましたが,直接的に仕事に生きたという経験はありません。ただ,基礎的な学問やものの考え方は,大いに役に立ちました。開発がうまくいかない原因を突き詰める上で,とても役立ちました。原因を探るのも,それを解決するのにも,様々なアプローチがありますが,そうした筋道を作る方法は,物理や物性を学ぶ中で培ってきました。

 例えば,「温度が上がると不良が発生する」という現象に直面したとします。その原因を探るときに,「半導体材料は金属材料と違い,温度が上がると抵抗が小さくなる」というような基本的な知識が頭の中にあるから,「多分こういうことがあって,それでこうなって,こうなるのではないか」という仮説が出てくるのです。それを,仲間と一緒に検討し,つぶしていくのです。

 高邁な知識ではなく,物性などの基礎的な知識が備わっていると,ものごとを探求していく筋道を立てられるようになります。頭の中の引き出しに,どれだけ本物の知識を入れておくかが大切です。本当に自分の身に付いた知識でないと,仕事に生かすことができないのです。

――学生時代に身に付けておくべき能力,スキルとは。

 学生のうちに身に付けておいてほしいと思うのは,第1に専門分野の基礎知識です。決して,試験で点数を取るための知識ではありません。ただ暗記してきたような知識は,会社でのものづくりに生かすことはできません。真の知識が必要です。

 第2に語学力です。これからは地球上全部のグローバルな競争になるのですから,語学力なしに競争を勝ち抜くことはできません。日本語だけではどうしようもない。語学力は非常に大事です。2カ国語でも3カ国語でも,話せる言葉は多いに越したことはありません。

 そして,3番目は体力です。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ