• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントTech-On!読者1000人に聞きました > 第2回:新人の時に苦労したこと

Tech-On!読者1000人に聞きました

第2回:新人の時に苦労したこと

  • 田中 直樹=Tech-On!
  • 2009/07/10 00:00
  • 1/4ページ

 技術者の仕事や日常,製造業界の会社のことなどについて,1000人を超えるTech-On!読者に質問し,その答えを紹介する連載企画。今回は,先輩技術者が新人の時に苦労したことや,技術者として必要な知識をどのようにして学んだかについて,聞いてみました。

 希望する会社に就職し,技術者になることができたとしても,自分は技術者として本当にやっていけるのだろうか――。そんな不安を持っている学生の皆さんも多いのではないでしょうか。特に新人時代は,初めての仕事,初めての会社勤め,初めての上司との付き合いなど,毎日が初めてのことばかりで,とても苦労しそうです。そんなときこそ,先輩技術者の意見を聞いてみましょう。

2人に1人が「仕事に必要な知識やスキルの習得」で苦労

 まず,「新人の時に苦労したこと」について聞いてみました(Q1)。

Q1 新人の時に苦労したことは何ですか(複数選択)
2人に1人は「必要な知識やスキルを覚えること」で苦労した経験を持つ。回答数は1053。
[画像のクリックで拡大表示]

 最も多かったのは,「仕事に必要な知識やスキルを覚えること」の54.1%でした。2位以下の項目に圧倒的な差をつけて,ダントツの1位でした。先輩技術者の2人に1人は,「仕事に必要な知識やスキルを覚えること」で苦労した経験を持っていることが分かります。

 2番目に多かったのは,「仕事の優先順位を付けること」の31.7%。3番目に多かったのは,「先輩の考え方と,自分の考え方が違うこと」の31.6%。4番目に多かったのは「理不尽な上司への対応」の30.4%。5番目に多かったのは「社内の人間関係」の29.8%でした。これらの苦労は,先輩技術者の3人に1人が経験しているようです。

トップページへ

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓