日経テクノロジーオンライン

セミナー

日系メーカーのための 中国現地法人の不正発見と内部統制

日程:
2016年 2月 15日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

講師が長年培った経験を基に、日系メーカーの中国現地法人において不正を発見するポイントや発生後の対処方法、そして発生させないための体制構築に関するエッセンスを分かりやすく解説します。

日系メーカーのための 中国現地法人「人員削減」のノウハウ

日程:
2016年 2月 16日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

日系メーカーの中国現地法人における「人員削減」をテーマに、最近の事例から知らないと大けがをする論点を採り上げ、今後、日系メーカーの中国現地法人に起こり得る事態への適確な対応策をじっくり解説します。

知財情報戦略であぶり出す自動車分野の技術開発動向

日程:
2016年2月17日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

自動運転の普及に向けた各社の技術開発の取り組み、特にGoogle社に焦点を当て、同社の強みや技術開発戦略を、知財情報解析を駆使してあぶり出します。その上で、日本メーカーとして留意すべき点、対策すべき点を明らかにします。

めっきの基礎から最新活用法まで

日程:
2016年 2月 18日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

電子デバイスにおける微細配線や三次元実装、はたまたバイオやMEMSの微細加工といったさまざまな分野に、めっきの技術が生かされています。あらゆる分野の技術者が知っておきたい、めっきの基礎と最新の活用法について解説します。

自動車のモジュール化 2日間実践セミナー

日程:
2016年02月22日~23日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経Automotive

モジュラーデザインの第一人者・日野三十四氏による、自動車(自動車部品含む)に特化したモジュール化セミナーです。自動車の事例やテンプレートを基に、演習主体で学びます。設計手順書の作り方とモジュール化の実践的な進め方を習得できます。

シグナル/パワーインテグリティーとEMC

日程:
2016年2月23日
会場:
化学会館
主催:
日経エレクトロニクス

本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。

ADASの進展から自動運転化時代のシステムを考察しHMIシステム・技術を概観する

日程:
2016年2月26日
会場:
BIZ新宿
主催:
日本情報技術センター

自動運転化に向けADAS、ICT、ITS、インフォテインメント等の多様な情報を走行時の安全とドライバーのニーズを考慮し、違和感、ストレスを感じさせることなく伝達・提示を可能にするためのHMIシステムとそれを司る技術要件について、高度化が進むクルマのシステム技術の動向並びに自動運転での技術要件や課題等を考察しながら概観していきます。

実践!自動車の振動・騒音対策とシミュレーションの基礎

日程:
2016年 2月 26日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

技術進化で自動車の構造が複雑になる中、自動車部品には、より精緻な振動・騒音対策が求められています。自動車の振動・騒音現象について概要を説明し、いくつかの代表例を取り上げて、対策方法を解説します。

医療ビッグデータ・サミット2016

日程:
2016年2月26日
会場:
JA共済ビル カンファレンスホール
主催:
日経デジタルヘルス

これまでは主に研究の領域で活用されてきた遺伝子(ゲノム)データや大規模臨床データなどの「医療ビッグデータ」は、いよいよ研究室を飛び出し、臨床現場や実サービスの領域での応用段階に入ろうとしています。そこで今回のセミナーでは医療ビッグデータの臨床・実サービスへの応用に関する現状と課題、展望を探ります。

実践で学ぶ!納期達成力強化トレーニング

日程:
2016年3月2日
会場:
京王品川ビル セミナールーム
主催:
日経テクノロジーオンライン

本講座の内容は、自動車、産業機械、精密機器、重電、家電など様々な業界(サプライヤー含む)で実績のあるコンサルティング知見を体系化したものです。数々の演習によるトレーニングを通じて、納期達成力が向上します。

オープニングセミナー

日程:
2016年3月3日
会場:
東京大学 伊藤謝恩ホール
主催:
一般社団法人スーパーセンシングフォーラム

センサー技術では世界の最先端にいるのに、世界をリードできない。この現状を打破することを目指す「super sensing forum」の初の活動として、オープニングセミナーを開催します。SUPER SENSINGの体系的な考え方を披露し、今後の技術開発の方向性を展望するほか、東京大学におけるセンシングの取り組みを紹介します。招待講演では、厳選した米国の研究者がセンシングに関する先端的な取り組みを語ります。

Quick DRを始めよう

日程:
2016年03月04日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した方を講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。

ユーザーニーズから見た接着技術

日程:
2016年3月7日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

新しい接着技術の開発動向と活用法について学びます。構造用接着剤から機能性接着剤、弾性接着剤、短時間接着剤、シーリング接着剤、粘接着剤、解体性接着剤といった、現在ニーズの高い新技術を取り上げます。

クルマの2050年を徹底予測

日程:
2016年3月7日
会場:
くるまプラザ貸会議室
主催:
日経Automotive

自動車産業にとって、2050年はターニングポイントです。コンピューターが人間の能力を越え、エネルギーの時代が終焉に向かい始めます。クルマの形は、否が応でも大きく変わらざるを得ません。自動車産業に関わる方は、2050年を現段階である程度見据えておくのは必要があります。

トヨタ流マネジメント

日程:
2016年3月8日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

開発や営業、総務、経理、企画などの間接部門やサービス提供部門といったホワイトカラーの職場を活性化し、確実に成果に結び付けていくトヨタ流のマネジメント方法を学びます。国内外企業への豊富な指導経験を持つ講師が、ワークショップや事例を交えながら分かりやすく解説します。

自動車、電池、パワエレに広がるモデルベース開発

日程:
2016年3月9日
会場:
化学会館
主催:
日経エレクトロニクス

MBDの基礎からそのメリットを確認しながら基本的なMBDの各プロセスを紹介し、さらにMBDの効果を上げるための仮想検証の導入を紹介する。また、お客様のMBDの適応事例を通してシステムエンジニアリングへと発展が見込まれる今後の展開ついても考察する。なお、今回紹介するMBDの応用分野は、自動車とその周辺分野、バッテリー、パワーエレクトロニクスを含む。

ロボット新産業サミット2016

日程:
2016年3月9日
会場:
ベルサール東京日本橋
主催:
日経Robotics・日経デジタルヘルス

日経Roboticsと日経デジタルヘルスでは「ロボット新産業サミット2016 ~ドローン、Pepperから病院での応用まで~」を開催いたします。新たな産業を創造する上でカギを握る各種ロボットの最新動向や関連技術、医療・福祉分野への応用などを取り上げます。

新事業を創造するオープンイノベーション最前線

日程:
2016年3月11日
会場:
日経BP社 4F
主催:
日経BPクリーンテック研究所

国内外で新事業創造に携わる経験を持つ方を講演者に迎え、具体事例をお話しいただきます。同時に、日経BPクリーンテック研究所が業種を超えて議論/立案の場所を提供する【 新ビジネス発見会議 】の詳細と活用法も説明させていただきます。

工場マネジメントの基本

日程:
2016年3月17日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

工場のマネジメントを担う管理者もしくは管理者候補向けに、必ず知っておいてほしい(1)ものづくりのあるべき姿、(2)品質作り込みの考え方、(3)問題の真因追究の考え方の、3点を取り上げ、分かりやすく実例を交えながら解説をします。

実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング

日程:
2015年3月17日~18日
会場:
京王品川ビル
主催:
日経テクノロジーオンライン

システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。

3次元画像センシング技術

日程:
2016年3月18日・3月30日・4月5日・4月15日
会場:
BIZ新宿
主催:
日本情報技術センター

生活・社会、産業の各分野で実用化の進む3次元画像センシング技術の基礎を、わかりやすく解説します。 また、センシングした3次元データをどのように処理して物体認識を実現しているかを具体的な応用例を示して解説します。

パワーエレクトロニクスを含む、車載電子機器のEMC対応設計

日程:
2016年03月18日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経Automotive

車載電子機器がパワーエレクトロニクス回路・デジタル回路・アナログ回路の混在型であることを前提に、回路基板設計から筐体への搭載法、ワイヤハーネスの処理法、車載化・システム化にあたっての注意事項などに至るまで、事例を基に分かりやすくEMC対策を解説します。

ワイヤレス機器開発に欠かせない、アンテナ設計の基礎講座

日程:
2016年3月22日
会場:
化学会館
主催:
日経エレクトロニクス

アンテナの設計というと難しい電磁気学を思い浮かべますが、本セミナーでは、講師の経験から得たアンテナ設計のノウハウから、受講者の方にアンテナの放射イメージと電磁気学を結び付け、分かりやすく説明します。アンテナ設計を改めて学びたい技術職の方や、ワイヤレスをビジネスにされる企業の営業職の方にもご参加いただけるセミナーです。

グローバル図面を実現する「公差設計」の勘所 演習版2日コース

日程:
2016年3月22日~23日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

公差に対する考え方や設計の進め方を、公差設計理論の第一人者が詳しく、かつ分かりやすく解説。特に、公差計算は基礎計算からガタ・レバー比の計算(幾何公差も含む)まで幅広く演習を充実させた2日間コースです。

明日から役立つ、アナログ回路設計者のための数学

日程:
2016年3月23日
会場:
化学会館
主催:
日経エレクトロニクス

大学で電子工学を専攻しても、必ずしも数学を選択しない場合があるなど、回路設計を業務とするエンジニアでも、漏れなく数学を基礎から勉強していない場合があります。本講座では、アナログ回路、ミックストシグナル回路、高周波回路などの設計に必要と考えられる数学について、実際の回路設計の視点から解説し、次の日から役立つ内容を目指します。

アナログ回路シミュレーションを生かす、FETモデリングのコツ

日程:
2016年3月24日
会場:
化学会館
主催:
日経エレクトロニクス

FETに特化したコンパクトモデルとパラメーター抽出について、基礎と最新技術を言及します。モデリングが初めての方に役立つだけでなく、すでにモデリングを実践されている方にも、問題解決に有効な内容となっています。

車載センサーやIoTデバイスに革新をもたらすMEMS技術

日程:
2016年3月24日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経エレクトロニクス

製造業に革新をもたらすと言われるMEMS関連技術。第一人者が基礎から最新動向までを分かりやすく教えます。豊富な実用化経験に基づくノウハウや基礎情報に加えて、国際学会などからの最新動向も詳しく解説します。

クルマのセキュリティ問題の理解と対策技術入門 講座

日程:
2016年3月24日・4月8日・4月22日
会場:
1日目:BIZ新宿 2・3日目:中央大学駿河台記念館
主催:
日本情報技術センター

クルマの電子化、ICT活用で考えられているアーキテクチャを構成する各レイヤー(チップ、ミドルウェア、通信など)とセキュリティの要素技術について、セキュリティの基本技術から学び、クルマの特性、構成の観点から想定される攻撃、セキュリティ技術の展開をしていく上で考えておくべきポイント、技術開発で求められる要件等について学んでいきます。

高周波回路は怖くない、大学レベルの知識で本質をマスター

日程:
2016年3月25日
会場:
化学会館
主催:
日経エレクトロニクス

初めて高周波回路設計を学びたい方、あるいはもう一度学び直しをしたい方を対象に、「大学2年生レベルの学力で高周波伝送回路の本質をマスターする」ことを目標とします。まず、伝送線路における物理現象の把握からスタートし、伝送線路の基本式、伝送回路の考察を踏まえ、演習を通してスミスチャートを活用した高周波整合回路設計の基礎を学びます。

設計管理者に必須の設計マネジメントの実務と要点

日程:
2016年3月25日
会場:
御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催:
日経ものづくり

将来の技術を先導し、その中核を成す設計管理者やリーダー向けに、押さえておかなければならない設計マネジメントの実務と要点を1日で解説します。最新情報を織り込み、自己研鑽への意欲向上、および、企業戦略としての設計力向上のきっかけを促します。

カーエレクトロニクスの最新動向を2日で押さえる

日程:
2016年3月28日~29日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経Automotive

ベストセラー書籍『図解カーエレクトロニクス』の執筆陣が中心となり、最新のカーエレクトロニクスの中でも、今、最も旬な6つの技術を分かりやすく解説します。2日間で最新技術の勘所を学べます(1日でも受講できます)。

新化したトヨタ生産方式「トータルTPS」

日程:
2016年4月4日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

企業力を高める方法の1つが、トヨタ生産方式(TPS)です。新化したTPSを紹介することに加えて、トヨタ系以外の企業でも導入できるように改良した「トータルTPS」を学びます。従業員のモチベーションを高めた上で、企業の業績を高めていく手法を伝授します。

品質完璧マスターシリーズ(全11回)

日程:
2016年4月6日~12月14日 ※申込締切:4月5日
会場:
御茶ノ水トライエッジカンファレンス (東京・御茶ノ水)ほか
主催:
日経ものづくり

品質をつくりこむ上で必須の基本的な考え方に始まり、品質の向上と維持のための個々のツールや手法を全11回のコースで学びます。講師はいずれもワールドテックの皆川一二氏が務め、演習をふんだんに取り入れて、学習の理解度を高めます。個々のテーマごとの受講もできますが、体系的に品質についてマスターでき、1回あたりの受講料もリーズナブルとなるシリーズでの受講をおススメします。シリーズでのお申し込みは受講パスをお渡ししますので、テーマごとに別の方が受講いただくことも可能です。

製品の価値を守る 「品質つくりこみ」と「自工程完結」の基礎

日程:
2016年4月6日
会場:
御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催:
日経ものづくり

品質をつくりこむ上で必須の基本的な考え方や、品質管理の考え方、品質保証の考え方を学びます。その上で、技術部門と製造部門、品質保証部門が、具体的にどのような活動をすることで品質をつくりこめばよいかについて解説します。

設計品質基礎講座

日程:
2016年4月7日
会場:
御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催:
日経ものづくり

設計者に求められるエンジニアリング力と設計品質の向上をもたらす各種の手法を基礎から学んだ上で、一連の製品開発プロセスの中で最適な手法を最適なタイミングで活用することができる実践的なスキルを習得します。併せて、創造的な解決手法も身につけます。

実践! プラスチックの実用特性と失敗しない設計・成形方法

日程:
2016年4月8日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

プラスチックでは、材料物性と実用特性の関係を理解した上で、製品設計や成形条件設定を適切に行うことが大切です。設計や成形品(ユーザー)の視点から、プラスチックの主な材料物性と実用特性を解説した上で、設計・成形に起因する不具合を防止する対策を学びます。

5割ダウンを体感する!設計/製造/調達の新コスト改革

日程:
2016年04月11日
会場:
【東京】Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

負担は少なく、明日からでも実践できる低コスト手法を、多くの演習を交えながら企業への導入実績が豊富な設計コンサルタントが指導します。また、コストバランス法を使って、韓国の大手メーカーが徹底的にコスト分析した日本製品の弱点についても解説します。

開発・設計者必修の購買コストダウン術

日程:
2016年4月13日
会場:
ソラシティカンファレンスセンター
主催:
日経ものづくり

設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。

グローバル図面に必須の「幾何公差」の勘所 演習版2日コース

日程:
2016年4月14日~15日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

幾何公差について寸法公差との違いを明確にし、幾何公差ならではの効率的な適用方法を学びます。測定・検証方法や最大実体公差方式も学びます。充実した演習により、幾何公差を使いこなす実践力を磨く2日コースです。

工場マネジメントの基本 【福岡開催】

日程:
2016年4月15日
会場:
リファレンス大博多貸会議室
主催:
日経ものづくり

工場のマネジメントを担う管理者もしくは管理者候補向けに、必ず知っておいてほしい(1)ものづくりのあるべき姿、(2)品質作り込みの考え方、(3)問題の真因追究の考え方の、3点を取り上げ、分かりやすく実例を交えながら解説をします。

医療機器新規参入の手引き

日程:
2016年04月18日
会場:
御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催:
日経ものづくり

有望な成長分野として参入が相次いでいる医療機器の開発に不可欠なポイントについて、「製品企画」「製品開発プロセス」「品質、製品不具合」「規制、国際標準」「プロジェクト推進」という5つの観点から網羅的に紹介します。

アナログ用MOSFET入門

日程:
2016年4月19日
会場:
化学会館
主催:
日経エレクトロニクス

CMOSアナログ回路設計では、基本的にMOSFETをバイアス設定し小信号を乗せて動作させるため、MOSFETの静特性と小信号動特性をよく理解する必要があります。本講演を受講することで、それらの特性を理解できます。最後の各モデルの解説ではノイズモデル(フリッカーノイズとサーマルノイズ)についても触れていきます。

医療機器の品質問題を防ぐ仕組みと開発手法

日程:
2016年04月19日
会場:
御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催:
日経ものづくり

各種医療機器規制からISOの正しい解釈を学び、医療機器の品質事故を防ぐための仕組みと開発手法を学びます。特に、ISO13485(医療機器-品質マネジメントシステム-規制目的のための要求事項)でも定義されているCAPA(Corrective Action&Preventive Action、是正処置および予防処置)について解説します。

海外拠点運営の勘所

日程:
2016年4月20日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

日本国内の製造や生産技術などを担当していた技術系社員が、突然、海外に出向し、経営を任されるケースが増えています。技術系管理者向けに、経営の基本であるキャッシュフロー経営と、その現場実践の方法、海外でよくある問題と対応方法について、失敗事例を交えて解説します。

クラウド、ビッグデータ、人工知能がクルマの進化を促す

日程:
2016年04月21日・22日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経Automotive

クルマの世界に劇的な進化および変化を与え得るクラウドやビッグデータ、人工知能などの情報技術を解説します。クルマの自動運転を例に、その他産業への波及効果や共通課題についても分かりやすく説明します。

食糧難を救う! プラズマ技術が農業・水産業を変える

日程:
2016年4月21日
会場:
化学会館
主催:
日経エレクトロニクス

今回の講座では、低温プラズマの農業・水産業への応用について、その最前線の研究を紹介します。特に、農業用の低温大気圧プラズマの基礎から応用、その最新技術と展開について分かりやすく解説し、最新の成果を示すとともに、今後の技術課題をまとめます。 新たな産業の革新が期待される低温プラズマの科学とその技術について、受講者のプラズマ農水産応用への理解を深めます。

触覚テクノロジーによる価値の創出

日程:
2016年4月22日
会場:
化学会館
主催:
日経エレクトロニクス

「触覚」は、我々が何かに触れた際に必ず生じる感覚です。そして、製品の価値や生活の質、巧みな動作に関係する重要な感覚でもあります。視覚や聴覚に関するデバイスや情報技術が高度化する中で、タッチパネルの普及などにより、触覚の重要性や可能性が注目されつつあります。 本セミナーでは、触覚技術に関する最新動向や講師自身の経験を基に、触覚による技術開発に向けて基礎的な知見と考慮したいポイントを考察します。また、そもそも触覚について、分かっていること/分かっていないことは何なのか、どんなことに注目して、触覚を解析/設計すべきか。触覚の錯覚なども交えて、各種事例を示したいと思います。

品質データ整理の基本「QC7つ道具と新QC7つ道具」

日程:
2016年4月25日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

山積みとなっている資料やアイデアなどを整理し見える化するために最適な、データ整理の基本である「QC7つ道具」と「新QC7つ道具」について学びます。充実した演習により実践力を磨きます。

先端半導体の技術動向を読む

日程:
2016年4月26日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経エレクトロニクス

米Intel社と韓国Samsung Electronics社、TSMCが製造する先端半導体の分析を通じ、各種要素技術を比較します。それにより、各社の先端半導体の特長や採用する技術から各社の技術戦略を読み解きます。

市場創造型の新事業を見いだす「フューチャーデザイン」

日程:
2016年04月27日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

未来予測から市場創造型の新事業・新製品を見いだす革新的な手法「フューチャーデザイン」を学びます。未来の変化を示す『未来予測2015-2030』を解説した上で、従来にない3つのプロセスで新規事業を構築した事例を紹介します。

決定版!トラブルを回避する自動車部品のねじ締め

日程:
2016年5月9日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

ねじ締結に関するトラブルの解消を目指します。ねじに関する基礎知識や締結のメカニズムといった基本を押さえ、その上で、ねじ締結を利用する設計に関して留意すべきポイントを学びます。演習を通じて実践力も鍛えます。

最新版「Automotive SPICE 3.0」 改定のポイントと今後の動向

日程:
2016年5月10日
会場:
御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催:
日経Automotive

2015年に改訂された最新版「Automotive SPICE 3.0」について、Automotive SPICE 3.0の発行に至った経緯や今後の動向、Automotive SPICE 3.0のキーコンセプトなどについて詳しく解説します。

研究開発者の「知財武装」「ビジネス武装」

日程:
2016年05月12日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

高収益を支える研究開発者に必要な「知財ビジネス武装」の仕方を学びます。すなわち、高収益につながり得る質の良い研究開発テーマを自発的に企画できる研究開発者になるための具体的なノウハウを解説します。

ビズラボ【第4期】

日程:
2016年5月13日・20日・6月3日・17日・7月1日・15日
会場:
システム・インテグレーション株式会社
主催:
リアル開発会議

幅広い業種の次世代リーダーとの闊達な議論によってビジネスプランを練り上げる。全6回の短期集中講座、個別カウンセリング(1回)、新しいビジネスを成功に導いた先駆者と対話する「リアルツアー」(2回)で構成する。

異種材料の接着と、接着設計&接着評価の考え方

日程:
2016年05月13日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

金属と樹脂、ゴムなど異種材料の接着技術を学びます。構造接着&構造用接着剤の技術動向、異種金属の接着、金属とプラスチックの接着、金属とゴムの接着、接着設計&接着評価の考え方について最前線を紹介します。

不具合の根本的対策に役立つ『なぜなぜ分析』

日程:
2016年5月16日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

問題の根本にある“管理の不足”や“仕組みの不備”を明確にし、真因の追究と対策をする「なぜなぜ分析」を、講義、事例、演習の3段階で学び、実践力を身につけます。開発・設計・品質保証・製造部門の入社10年目くらいまでの技術者、管理者にお薦めです。

キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術

日程:
2016年5月17日
会場:
BIZ新宿
主催:
日経エレクトロニクス

省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。

エンジンのプロが教える 自動車エンジンの基礎・最新技術・将来

日程:
2016年05月18日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

トヨタ自動車で長年エンジンの設計開発を手掛けた講師が、エンジン技術を基本から解説します。その上で、地球温暖化/エネルギー・セキュリティーなどの点から考慮すべき技術課題を整理。エンジンの最新技術や、将来の動力源の技術動向、棲み分けについて解説します。

クルマの軽量化の切り札 CFRPを使いこなす

日程:
2016年05月19日
会場:
御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催:
日経ものづくり

トヨタ自動車の「レクサスLFA」のCFRP製ボディーを開発した講師が、自動車メーカーの開発の考え方や、CFRPの材料物性や成形法、クルマへの適用事例などについて解説。CFRP製品の設計や生産技術の開発に必須の知識を1日で学べます。

5割ダウンを体感する!設計/製造/調達の新コスト改革【福岡開催】

日程:
2016年5月20日
会場:
リファレンス大博多貸会議室
主催:
日経ものづくり

負担は少なく、明日からでも実践できる低コスト手法を、多くの演習を交えながら企業への導入実績が豊富な設計コンサルタントが指導します。また、コストバランス法を使って、韓国の大手メーカーが徹底的にコスト分析した日本製品の弱点についても解説します。

冷間鍛造・精密せん断・板鍛造の基礎と応用

日程:
2016年05月23日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

常温で金属に圧力をかけて、金型に沿った形状に加工する冷間鍛造・精密せん断・板鍛造は、材料の歩留まりが高く、高精度で高付加価値の形状を加工できます。これらの工法の基礎知識や応用例を得ることで、より低コストで高性能な部品の作製や調達が可能になります。

品質造り込みの基本と実践

日程:
2016年5月25日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

国内市場の縮小や成長機会を求めた海外シフトにより、日本の工場の現場力が低下してきています。ものづくりの基本でもある品質をどうやって作り込むべきなのか、品質管理の基本に立ち返り、その考え方を分かりやすく、実践的視点を踏まえて解説します。

品質トラブルを未然に防ぐ切り札、トヨタも推奨するDRBFM

日程:
2016年5月27日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

トヨタグループで活用されている手法である、設計段階のDRBFMに関して詳細な手法や勘所を解説した後、自動車部品を例に、演習しながらDRBFMの進め方を体得します。関係者全員が、品質トラブルを未然に防止するためにどのように知恵を出していくべきかが分かります。

技術者こそ知っておきたいコミュニケーション・スキル

日程:
2016年05月30日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

外資系半導体メーカーで長く技術マネジメントに携わった講師が、技術者として必要なコミュニケーション・スキルを解説。さらにグループ・ワークにより、コミュニケーション・スキルの重要性を理解・習得します。

設計マスターが語るEVとPHEVの開発のポイント

日程:
2016年5月31日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」や「アウトランダーPHEV」のEV要素技術開発に携わった設計マスターが、技術的な特徴と開発のポイントを解説。V2Hやワイヤレス給電、インホイールモーター、自動運転とEVの関わりについても盛り込む予定です。

もう仕事で迷わない ものづくり基礎から徹底シリーズ(全5回)

日程:
2016年6月2日~7月27日(8月23日)
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

「もう仕事で迷わない ものづくり基礎から徹底シリーズ」全5回コースをお申込みいただきますと、ものづくりに携わる上で必要な基礎知識を総合的にマスターすることができます。受講料もお得ですので、体系的に学びたい方には、全5回コースでの受講をおすすめいたします。

図面の読み方と描き方の基礎知識

日程:
2016年6月2日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

ものの形をつかむために立体モデルを使った演習で理解を深める一方、JIS規格に基づいた図面ルールを習得します。文化系出身の設計アシスタントの人でも理解できるように図面の描き方のコツも教えます。

センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用

日程:
2016年 6月 3日
会場:
BIZ新宿
主催:
日経エレクトロニクス

センサの活用のためには、センシング機能の高度化と共に、対象に応じたセンサ素子の選択のみならず対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。

知財戦略理論とその限界(技術のコモディティ化)

日程:
2016年6月3日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

技術と特許を多数保有している日本企業がアジア企業に対してシェアを明け渡している状況にかかる原因分析を特許の観点から検証し、併せて、近年開発された特許分析手法を用いて、研究開発テーマの選定方法や事業戦略の立て方について解説します。

プラスチック製品のトラブルQ&A 71問

日程:
2016年6月6日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

コスト削減や生産性の高さ、軽量化、デザインや設計の自由度の高さなど、多彩な利点があるプラスチック成形品。そのトラブルの未然防止策について、 トラブル種別にQ&A形式で解説します。会場では、受講者からの質問にも積極的に回答します。また、事前の質問も承る予定です。

最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで

日程:
2016年6月6日
会場:
BIZ新宿
主催:
日経エレクトロニクス

最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。

トヨタ流原価企画と原価管理

日程:
2016年6月10日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

「利益の95%以上は原価企画で決まる」──。これがトヨタ自動車の“常識”です。原価こそ、最初につくり上げるべきもの。設計者が主導しながら、利益を生む原価をつくり上げる具体的な方法を伝授します。

自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

日程:
2016年6月13日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経Automotive

自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。

トヨタの課題解決の基本「QCストーリー」の実践

日程:
2016年6月15日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

PDCAをきちんと回して仕事をうまく進める方法の基本である「QCストーリー」について、具体的な実施手順と要点を学習します。演習によって具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けます。

低コスト設計を支える機械材料の知識

日程:
2016年6月16日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

一般の環境下で使用する材料に絞り込み、実務面に重点を置いた材料の性質の読み方と、具体的な材料選定の手順を「料理レシピ」のように分かりやすく紹介します。熱処理についても、材料知識と合わせて解説します。

決定版! モーター・インバーターの基礎と制御

日程:
2016年6月17日
会場:
御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催:
日経エレクトロニクス

モーターには、高効率・高性能な制御技術が求められています。モーターの基礎から最近の技術トピックまで、モーター制御手法やインバーターをはじめとするパワー回路の具体的事例を示しながら、基礎技術を解説します。

車載電子機器における信頼性確保とその評価法・解析法

日程:
2016年6月23日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経Automotive

クルマの電子部品の信頼性評価法・解析法について、基本から事例を交えて紹介します。特に、電子製品における接続部の寿命の確保を中心に学びます。さらに、放熱技術と連携して設計する重要性を説明します。

自動車や関連部品の設計に役立つ接合技術

日程:
2016年6月24日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経Automotive

自動車や関連機器を最適設計する上でキーテクノロジーとなる接合技術について、基礎から応用・課題まで解説します。接合の分類や各接合技術の比較から、溶接、ろう付け、はんだ付け、接着技術について、自動車設計に役立つという視点で分かりやすく学べます。

ISO 26262 実践セミナー ソフトウエア開発編

日程:
2016年6月29日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経Automotive

書籍『ISO 26262 実践ガイドブック(ソフトウエア開発編)』(日経BP社)の執筆にあたった講師が、ISO 26262 に対応したソフトウエア開発プロセスについて、ソフトウエアのアーキテクチャ設計やソフトウエアユニット設計などについて、本書をテキストにして分かりやすく解説します。

低コスト設計を支える機械加工の知識

日程:
2016年6月30日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

機械加工の基礎知識として、どのような加工方法があるのか、どのような特徴があるのかについて紹介しながら、加工方法を意識して描かれた図面の読み方を解説します。間接部門の人でも分かりやすいように、動画などを使いながら解説します。

トヨタの課題解決の基本「QCストーリー」の実践 【福岡開催】

日程:
2016年7月7日
会場:
リファレンス大博多貸会議室
主催:
日経ものづくり

PDCAをきちんと回して仕事をうまく進める方法の基本である「QCストーリー」について、具体的な実施手順と要点を学習します。演習によって具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けます。

品質管理&品質改善の基礎知識

日程:
2016年7月13日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

QCDの大局をつかんだ上で品質管理の解説を行います。管理を維持と改善に分けることで、現状を維持する手法と、あるべき姿に向かう改善の手法を、具体例の紹介とともに演習を踏まえて知識の習得と実践のコツを解説します。

開発目標値の決定に不可欠な「品質機能展開」入門

日程:
2016年7月20日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

製品の開発(設計)目標値を決める方法として有効な「品質機能展開(QFD)」を活用し、製品企画から開発目標値を設定するまでの手順と要点について学習します。演習によって具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けます。

生産管理&現場改善の基礎知識

日程:
2016年7月27日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経ものづくり

生産管理と現場改善を効率良く進めるために、「ソフト面」では改善取り組みの定石である7つのムダと段取り改善、動作経済の4原則、5Sについて、「ハード面」では自動機や半自動機、治具の投資判断や導入のコツを解説します。

生産管理&現場改善の基礎知識 【福岡開催】

日程:
2016年8月23日
会場:
リファレンス大博多貸会議室
主催:
日経ものづくり

生産管理と現場改善を効率良く進めるために、「ソフト面」では改善取り組みの定石である7つのムダと段取り改善、動作経済の4原則、5Sについて、「ハード面」では自動機や半自動機、治具の投資判断や導入のコツを解説します。

パワーエレクトロニクスを含む、車載電子機器のEMC対応設計

日程:
2016年9月13日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経Automotive

車載電子機器がパワーエレクトロニクス回路・デジタル回路・アナログ回路の混在型であることを前提に、回路基板設計から筐体への搭載法、ワイヤハーネスの処理法、車載化・システム化にあたっての注意事項などに至るまで、事例を基に分かりやすくEMC対策を解説します。

玩具や白物家電など日常製品から新たな電子化を読む

日程:
2016年10月26日
会場:
Learning Square新橋
主催:
日経エレクトロニクス

「未来展望」シリーズの「電子玩具」編。玩具や白物家電など日常製品に見られる大きな電子化の変化を電子部品の立場から解説。クルマや時計などの市場を明示した上で、付加価値を高めるために一層強化すべき方向性を未来予測として提示します。