• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEPR News > 【技術紹介】ホリエモンのロケットからまでハーレーのアクセサリーまで(TheMOTCompany)

Tokyo Metropolitan Aviation Network

【技術紹介】ホリエモンのロケットからまでハーレーのアクセサリーまで(TheMOTCompany)

製品・サービス

  • 2017/06/02 00:00

質の技術と量の技術を備えたCFRPコンポジットのブティックです。
経験に裏打ちされた確かな技術がそこにはあります。
オートクレーブ成形マイスターのWAZAです。

メインビジネスは航空機内装品、レーシングカーで、オートクレーブ成形です。
自動車内装品への展開を見据えてプレス、SMC、射出成形も行っています。
軽量化とはいえコスト縛りの自動車業界は量産技術が求められます。

CFRPのプレス成形法で特許を2件取得しています。
サイクルタイム短縮は冷却脱型時間が課題で、冷却ガス吹付法を開発しました。
熱硬化性CFRPで厚さ1㎜1分、熱可塑性CFRPで厚さ1㎜2分のハイサイクルタイムを達成しました。
自動車への普及で成形しやすい材料への開発が盛んです。
カーボン繊維では織物、チョップド、UDテープ、ペレットと多様です。
熱硬化、熱可塑、フェノール、ピーク、シアネートのマトリックス樹脂CFRPプリプレグ、ハニカムサンドイッチパネルも成形しています。
複合材はマトリックス樹脂次第で性質が自在に変化するので、軽量化で用途細分化が進むと百花繚乱となるでしょう。

新規素材も開発しています。ソフトカーボン(商標登録)は
感性素材としてスーツケースに使用されます。リアルカーボンの織柄は高級感に溢れていますので、高級ブランドメーカーも商品化しています。軽量、強度以外にも魅力のあるところが炭素繊維の面白さです。
さて、次はどんな手品を御見せできるでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------
■航空機部品製造の一貫生産を目指す東京圏の中小企業ネットワーク
「TMAN」について詳しく見る →http://www.tman.tokyo.jp
■航空宇宙部品の一貫加工企業コンソーシアム
「AMATERAS」について詳しく見る →http://www.amateras-tyo.biz
--------------------------------------------------------------------------

この PR News の情報をもっと見る