• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEPR News > 技術資料:テスト機器のテクノロジーリフレッシュによって収益性を高めるための4つの方法

キーサイト・テクノロジー合同会社

技術資料:テスト機器のテクノロジーリフレッシュによって収益性を高めるための4つの方法

製品・サービス

  • 2017/09/12 00:00

お使いのテスト機器の性能の低下や、維持コストやダウンタイムの増加が気になるようになったら、テクノロジーリフレッシュを考える時期です。

<生産性の向上>

今日では、常に最先端にいながら、生産性を高め、利幅を増やすという新しい思考が必要です。テスト機器/システムをアップグレードする場合は、最終的な収益に対する4つの影響を確認する必要があります。

1.スループットの向上

2.運用コスト(OPEX)とメンテナンスの低減

3.ダウンタイムの低減

4.設備投資(CAPEX)の低減

<テクニカルリフレッシュに最適な時期はいつか?>

永遠に続くものなど何もありません。最高品質のテストシステムでさえ、ライフサイクルのある
点で交換が必要になります。ROIの最大化およびOPEXの削減を実現するための鍵は、テクノロジーリフレッシュに最適な時期を判断することです。計画的なアップグレードは、緊急修理よりもコストがかからず、良い結果が得られます。さらに、新しいテストシステムほど、高速で、信頼性が高く、高確度で、維持コスト全体を削減できます。

資料:テクノロジーリフレッシュ

この PR News の情報をもっと見る