• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEPR News > ビューラー BUEHLER 試料作製アドバイス2017 vol.4 金属試料の面出し

ITWジャパン㈱ ビューラー社 BUEHLER

ビューラー BUEHLER 試料作製アドバイス2017 vol.4 金属試料の面出し

製品・サービス

  • 2017/04/04 00:00

ITWジャパン株式会社 ビューラー が配信する 試料作製のお役にたつテクニカルアドバイス2017 vol.4です。

今回は2回に亘り金属試料の研磨についてご説明をします。
第一回は面出しについてアルミ合金でみていきましょう。
ポイント:
①耐水研磨紙Grit320で面出しをする。1分使用/枚くらいで交換する。
②取り付けた試料すべての全面に研磨紙の平坦なキズがついたら面出し完了です。
③Grit320の条痕を覚えましょう。
④適切な切断・埋込が面出し時間の短縮に繋がります。

実際の作業については動画をご覧ください。
ビューラーホームページに掲載しています。
https://www.buehler.jp/buehler-videos.php

*工程は材料によって異なります。
*個数が多い、大口径の場合は金属試料用面出し装置プレナーメット300も効率的です。

ビューラーアプリケーションラボでは試料作製に関するご相談を受け付けております。
info.japan@buehler.com へメールで送信ください。

図A: 下半分が削れていません
図B: まだ削れていない部分が残っている
図C: Grit320の条痕

関連資料をダウンロード

この PR News の情報をもっと見る