• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEPR News > ビューラー BUEHLER 試料作製アドバイス2017 vol.2 電子部品の位置出し

ITWジャパン㈱ ビューラー社 BUEHLER

ビューラー BUEHLER 試料作製アドバイス2017 vol.2 電子部品の位置出し

製品・サービス

  • 2017/02/02 00:00

ITWジャパン株式会社 ビューラー が配信する 試料作製のお役にたつテクニカルアドバイス2017 vol.2です。

今回は2回に亘り電子部品の研磨についてご説明をします。
第一回は位置出しについてスルーホールでみていきましょう。
ポイント:
①耐水研磨紙Grit320で位置出しをする。1分使用/枚くらいで交換する。
②解析位置付近になったらターゲットまでの距離をこまめに確認する。
③位置出しは解析部直前を現出する。中間研磨以降の研削量を考慮しましょう。

実際の作業については動画をご覧ください。
ビューラーホームページに掲載しています。
試料の洗浄(個別荷重)については、2016年Vol.10をご参照ください。
https://www.buehler.jp/buehler-videos.php

ビューラーアプリケーションラボでは試料作製に関するご相談を受け付けております。
info.japan@buehler.com へメールで送信ください。

図A: ターゲットはまだ先です
図B: ここからこまめに位置を確認する
図C: 位置出し完了

この PR News の情報をもっと見る