• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEPR News > バッテリ残量計 LSIが、2017年“超”モノづくり部品大賞の生活関連部品賞を受賞

オン・セミコンダクター

バッテリ残量計 LSIが、2017年“超”モノづくり部品大賞の生活関連部品賞を受賞

製品・サービス

  • 2017/11/22 00:00

オン・セミコンダクターのリチウムイオンバッテリ残量計 LC709203 が2017年“超”モノづくり部品大賞の生活関連部品賞を受賞し、2017年11月17日に行われた贈賞式で、スポンサーであるモノづくり日本会議と日刊工業新聞社より授賞されました。
 
LC709203は、スマートフォン、タブレット、ウェアラブルデバイスなどの幅広いポータブル電子機器で一般的に使用されている1セル・リチウムイオン(Li+)バッテリの残存電力レベルの正確な測定値を提供します。本製品は、業界の競合他社デバイスと比較して、高い精度と低い消費電力を実現し、また、部品点数、システムのフットプリント、システム・コストを削減します。LC709203は、同社の日本拠点の製品開発部門が独自の技術、アーキテクチャ、アルゴリズムを用いて開発し製品化しました。2014年に最初の製品を立ち上げた後、そのバッテリ残量計測のアルゴリズムを改良しています。
 
独自の測定アルゴリズム"HG-CVR” (Hybrid Gauging by Current-Voltage tracking)を採用し、高精度のバッテリ測定が可能です。また、"HG-CVR”により、外付け電流センス抵抗が不要、バッテリ交換、温度、負荷、バッテリの劣化、自己放電などの不確定な使用環境下でも精度の高い充電残量を実現します。
 
LC709203Fは業界最小のPCB面積で部品実装面積の縮小が可能で、2種類のパッケージをご用意しています。パラメータが少なく、簡素かつ短時間でセットアップと駆動ができます。

“超”モノづくり部品大賞
バッテリ残量計 LC709203

この PR News の情報をもっと見る