• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEPR News > クラウドベースのIoT導入の課題を克服するために

オン・セミコンダクター

クラウドベースのIoT導入の課題を克服するために

製品・サービス

  • 2017/06/16 00:00

人材の数が限られ、活用できる過去から蓄積した専門知識がほとんどないなかで、IoTの導入は、エンジニアリング・チームに大きな課題をもたらしています。その結果、技術者は開発プロセスを容易にできるものは何でも利用したいと考えています。もちろん、IoTシステムには多くの異なる側面があります。コネクテッド・ノードの効果(センサやアクチュエータの配置場所)に重点が置かれる反面、システムとクラウドのインターフェースの取り方に関する懸念があります。現在のIoT市場において、この重要な側面に同時に対応できる実現可能なソリューション、つまり技術者に対してIoTインフラを導入するハードウェアを提供すると同時に、このハードウェアに付属するクラウドベースのアプリに開発に必要なモノをソフトウェア開発者に対して提供できるソリューションは存在しません。2つの異なる側面に個別に対応できるソリューションは存在しますが、両方に適切に対処できるものは現時点でありません。これは大きなハードルです。とうのは、開発フローの各段階で、何か欠けているものがあることにより(ハードウェアまたはソフトウェアの視点から)、開発の進捗が妨げられるからです。

現在、オン・セミコンダクター は、IoT開発キット(IDK)を通して、このような従来の異なる側面に対応できる構成可能なプラットフォームを、エンジニアリング・コミュニティに提供しています。このキットは、最新のIC技術と高度なソフトウェア・フレームワークを統合させた、真の意味ですぐに使える開発リソースを技術者へ提供することで、「デバイスからクラウド」のIoT導入を大きく支援します。その結果、プロトタイプ作成と製品の市場投入の時間を短縮できます。

* この続きはオン・セミコンダクターのブログ記事でお読みください。
http://www.onsemi.jp/community/blog/post/Overcoming-Cloud-Based-IoT-Development-Challenges

IoT開発キットの構成例

この PR News の情報をもっと見る