• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEPR News > 【画像処理のKIT】画像処理はブームじゃない?

(株)ケーアイテクノロジー

【画像処理のKIT】画像処理はブームじゃない?

  • 2017/12/26 00:00

ディープラーニングのブームにより、その応用例として「画像処理」も適応するテーマとして注目されていると思います。
展示会等でも「ディープラーニングコーナー」が設営されたりしてます。

しかし、画像処理を使って「欠陥検査」を行う事は、かなり古くから研究開発されたり、実用化されていると思います。

私が新卒だった三十数年前に、入社した会社で8ビットマイコンとロジック回路での二値化処理や、二値のマッチング処理のハード化を行ってました。

二値化ボードだったり、二値のマッチング処理は、比較回路ボードだったり、メモリボードだったり、まだ74シリーズのICでロジック回路を組んでいた時代ですが、それでもカメラからの画像をデジタル化して、画像処理による欠陥検査を行っておりました。

今、「画像処理による欠陥検査」も、速度も高速化され、処理も複雑化されてますが、この時代の延長ではないでしょうか?

当時に無かった画像処理は、「生き物」など対象物の形状等が千差万別のものを、同類とする「クラスタリング」技術かなぁ?と考えてます。。

画像処理が大ブレークした事は、ピンポイントの用途程度かと思いますが、長きに渡って「開発テーマ」として生き残れている分野のエンジニアになれた事は、嬉しくラッキーだと思っております。

---

【会社概要】(WEBからは「画像処理 開発」で検索)

KITは画像処理専門開発メーカー。

お客様の製品の付加価値を高めていただくために、
「部品」としての「画像処理」技術を追求し、提供する会社です。
単にソフト開発とハード開発を行うだけではなく、
それらの手段を駆使して「KITの画像処理」という価値を生み出し、
色々な応用分野で独創的な製品を世に出すお手伝いをしています。

 価値の高い画像処理技術を生み出すためには、
同じ会社内に、アルゴリズム開発、ソフト開発、ハード開発を
それぞれ専門として深く追求するメンバーが活躍してます。
 社員全員の共通テーマは「画像処理」。
この共通テーマに向けて全員で知恵を絞って21年間チャレンジ
を続けてます。

企業ロゴ
開発成果(ハードとソフト)
展示会デモ

関連資料をダウンロード

この PR News の情報をもっと見る