• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEPR News > 【画像処理のKIT】久々に色の話

(株)ケーアイテクノロジー

【画像処理のKIT】久々に色の話

事例

  • 2017/01/24 00:00

色の話は何度か「人間にとって同じ色に見えても、人間が感じる同じ」
は難しい。や、それをどのように解決するかのご案内をしてきました。

最近の商談で気づいた「紹介漏れ」がありました。色が変化してしまう。を、これまで私が自分の頭の中で、同一のものが外部環境が変わった事(光源が変わったり、光の当たり方が変わったり)する事で、同一のものがカメラで撮影して異なった色(例 R,G,B値が異なる)になる場合の話を中心にしてました。

「色」は、光源に含まれる光の波長が変わる事でも、カメラに異なった色として受光されますが、対象物の色(対象物が、吸収する波長と反射する波長)でも変わります。

 弊社は、画像処理が専門なので、光学については、よりご専門の情報源が多々あるので、門前の小僧的な解説は、少し恥ずかしいですが、「異なる色を人間の感性に近いクラスタリングを行う」が画像処理ですが、対処物そのものの色の変化と、外的環境による色の変化を、両方考慮して変化の幅を決めていかないと、画像処理で「同一」とする範囲が変わってくる事をこれまで説明してない事に気づきました。

人間のロバスト性は、とても優秀ですので、まだまだ我々のテーマは続きます。

---

【会社概要】(WEBからは「画像処理 開発」で検索)

KITは画像処理専門開発メーカー。

お客様の製品の付加価値を高めていただくために、
「部品」としての「画像処理」技術を追求し、提供する会社です。
単にソフト開発とハード開発を行うだけではなく、
それらの手段を駆使して「KITの画像処理」という価値を生み出し、
色々な応用分野で独創的な製品を世に出すお手伝いをしています。

 価値の高い画像処理技術を生み出すためには、
同じ会社内に、アルゴリズム開発、ソフト開発、ハード開発を
それぞれ専門として深く追求するメンバーが活躍してます。
 社員全員の共通テーマは「画像処理」。
この共通テーマに向けて全員で知恵を絞って21年間チャレンジ
を続けてます。

企業ロゴ
開発成果(ハード)
開発成果(ソフト)

この PR News の情報をもっと見る