• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEPR News > Xilinx社のMPSoC ZCU102 評価キットをイーソルのRTOSプラットフォームがサポート

イーソル

Xilinx社のMPSoC ZCU102 評価キットをイーソルのRTOSプラットフォームがサポート

製品・サービス

  • 2017/11/22 00:00

~ビジョンガイド機械学習システム向けフレームワーク「reVISION™スタック」との連携により、OpenCVやCNNを活用した信頼性の高いコンピュータビジョンシステムの評価開発を容易に~

商用では世界に先駆けてシングルコアプロセッサからマルチ・メニーコアプロセッサまでをスケーラブルにサポートするリアルタイムOS「eMCOS」およびTRONベースリアルタイムOS「eT-Kernel」をコアとするイーソルのソフトウェアプラットフォームが、ザイリンクス社のZynq(r) UltraScale+™ MPSoC ZCU102 評価キット(以下MPSoC ZCU102 評価キット)に対応しました。ザイリンクスの次世代ビジョンガイド機械学習システム向けフレームワーク「reVISIONスタック」と連携したイーソルのリアルタイムOSプラットフォームをMPSoC ZCU102 評価キットと組み合わせて利用することで、OpenCVやCNN[*1]を活用したコンピュータビジョンシステムに高いリアルタイム性と信頼性を取り入れた評価開発が容易にできます。

MPSoCは、Arm(r)コアとFPGAを統合したプログラマブルSoCです。最新のArmv8アーキテクチャを採用したArm Cortex(r)-A53クアッドコアプロセッサと、Armv7アーキテクチャのArm Cortex-R5デュアルコアプロセッサが搭載された、ヘテロジニアスマルチコア構成です。Arm Cortex-A53クアッドコアプロセッサは、32ビットまたは64ビットのデータ幅に対応しています。従来のZynq-7000 All Programmable SoCから、Arm Mali™GPUやH.264/H.265ビデオコーデックが新たに統合され、高品位なグラフィックスやビデオ処理の性能が強化されています。

eT-Kernelおよびその統合開発環境「eBinder」などを統合したイーソルのソフトウェアプラットフォームは、機械学習ベースの画像認識アルゴリズムを容易に活用できる開発キット「reVISIONスタック」に統合されたMPSoC向け開発環境「SDSoC」と連携しています(※)。SDSoCのプロジェクトをeBinderにシームレスにインポートできるため、reVISIONスタックに含まれるFPGAアクセラレーションされたOpenCV高速コンピュータビジョンライブラリやCNN を、Armコア上で動作するeT-Kernelベースのアプリケーションから、専用のライブラリを追加開発することなくすぐに利用できます。MPSoC ZCU102 評価キット上で、MPSoCがターゲットとするADAS[*2]やインダストリアルIoTなどの幅広い組込み機器において、コンピュータビジョン技術を取り入れた評価開発に手軽に着手できます。

eMCOSおよびeT-KernelをコアとするイーソルのリアルタイムOSベースプラットフォームは、多数のArmコアのサポート実績を持ち、Arm純正コンパイラを統合しています。eMCOS/eT-Kernel、eBinder、各種ミドルウェアに加え、製品サポートや受託開発などを含むプロフェッショナルサービスで構成されています。動作検証があらかじめ済んでいるので、チューニングやカスタマイズなどの必要なく、すぐに動作します。車載機器や産業用機器、航空・宇宙分野、コンシューマ機器、OA機器などで採用実績があります。eT-Kernelは、機能安全規格ISO 26262 ASIL D(自動車)およびIEC 61508 SIL 4(産業機器)の認証を取得しています。またイーソルのリアルタイムOS製品は、医療機器用ソフトウェアの開発と保守に関する安全規格「IEC 62304:2006 Medical device software-Software life cycle processes」準拠が認証された開発プロセスで開発されています。

イーソルは今後、eMCOSにオープンソースのロボット制御フレームワーク「ROS[*3]」を対応させたMPSoC対応「ROS on eMCOS」を開発し、MPSoCを使った組込みシステムへのロボット技術の適用支援を視野に入れています。eMCOSは、分散コンピューティングを前提に設計されているため、ROSを利用したシステム開発に最適です。イーソルは様々な分野へのROS/ROS 2適用の開発実績をベースとしたエンジニアリングサービスを提供しています。

※eMCOSのreVISIONスタックおよびSDSoCサポートは2018年第2四半期を予定。

*1 Convolutional Neural Network:畳み込みニューラルネットワーク
*2 Advanced Driving Assistant System:先進運転支援システム
*3 Robot Operating System

<補足資料>
▽ eMCOS詳細:https://www.esol.co.jp/embedded/emcos.html
▽ eBinder詳細:https://www.esol.co.jp/embedded/ebinder.html
▽ イーソル ホームページ:https://www.esol.co.jp/

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

【製品に関するお問い合わせ先】
イーソル株式会社 エンベデッドプロダクツ事業部
 TEL : 03-5302-1360 / FAX : 03-5302-1361
 E-Mail : ep-info@esol.co.jp

この PR News の情報をもっと見る