• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEPR News > IoTに最適。クリック式無線データ伝送トルクレンチは「カチン!」で締付けトルクデータを無線伝送。

東日製作所

IoTに最適。クリック式無線データ伝送トルクレンチは「カチン!」で締付けトルクデータを無線伝送。

製品・サービス

  • 2017/06/05 00:00

【東日のクリック式無線データ伝送トルクレンチは「カチン!」で自動的に締付けトルクデータを無線伝送。】

■クリック式無線データ伝送トルクレンチ「FD/FDDシリーズ」販売中。
■ -IoTに最適。 FDDシリーズは2度締め検出機能を搭載。-
■締付け作業の負担にならず、海外工場の現場/生産技術/品質保証の担当者様にも喜ばれています。

株式会社東日製作所は、設定トルクに達した際の「カチン!」で自動的に締付けトルクデータを無線伝送する「クリック式無線データ伝送トルクレンチ FD/FDDシリーズ」を開発し、2016/3/22から販売しています。シリーズラインナップは全16機種の単能形トルクレンチ、締付けトルクはシリーズ全体で2~280N・m、締付けるねじの目安はM5~M20程度。全機種受注時生産品。

【製品名称】クリック式無線データ伝送トルクレンチ

【型式名】FD/FDDシリーズ
※全16機種(FD、FDDシリーズ共に8機種)
※図-1は新製品の例 CSPFD100N3X15D に別売の交換ヘッドQH15Dを接続した状態

【価格】252000円 ~ 286500円(税別)
※図-1の CSPFD100N3X15D は252750円(税別)

【FD/FDDシリーズの特長】
1)高機能製品にありがちな「複雑な操作」が作業者にありません。
QLレンチのような使い慣れたクリック式トルクレンチにトルクセンサーと無線発信機を搭載。「カチン!」で自動的に締付けトルクを無線伝送するので、いつも通りの作業で作業者に負担を掛けずにトルク管理の信頼性が高まります。
2)手元でも合否判定結果が一目瞭然。さらに生産ラインのインターロック制御も可能。
設定した締付けトルクの合格範囲により、大型LEDが青(OK)/赤(NG)に点灯して作業者に知らせるだけでなく受信機からの信号出力で、例えば生産ラインのインターロック制御により規格値から外れた製品の流出防止が可能です。
3)2度締め検出機能を搭載し、信頼性の高い締付け作業を実現します。(FDDシリーズのみの機能となります)
既に締められているボルトを締めてしまった場合には、2度締め検出機能(特許出願中)により合否判定LEDが赤く点灯。トルクデータも送信されずに、受信機の信号出力でインターロック制御により誤った作業のままでは先に進めません。
4)FDは電池寿命が従来機(FHD)の約5倍の24時間と大幅に向上。(※FDDは2.4倍の12時間)
5)従来機と互換性があり、更新時のコストを圧縮できます。 ※受信機のソフトウェアバージョンにより一部制限があります。
従来機(FHD)で使用している受信機「R-FHD256」や、設定ボックス「SB-FH256」が継続使用可能。新製品FD/FDDシリーズへの更新コストを圧縮できます。※R-FHD256は192000円、SB-FH256は78000円(いずれも税別)
6)従来機より小型の最小トルク2Nmのトルクレンチにも対応。お客様のご要望にお応えしました。
7)FD/FDDシリーズは250種を越える標準在庫品の交換ヘッドが使用可能。短納期/安価で最適な作業を実現します。
8)2017年6月時点では日本・アメリカ・カナダ・タイ・マレーシア・インドネシア・台湾・メキシコ・ベトナム・中国・EU・韓国でご利用頂けます。

【ターゲットユーザー】
輸送機器(自動車等)でのトルク管理。
締め忘れ防止(ポカヨケ)が必要な組み立て工程。
締付けトルクデータをエビデンスとして残す業務。
IoT(Internet of Things)を実施する生産現場。

▼▼▼ 動画もあり ▼▼▼
画面最下部の【この PR News の情報をもっと見る】を押すと、クリック式無線データ伝送トルクレンチFD/FDDシリーズの詳細製品情報がご覧いただけます。

【東日製作所】 https://www.tohnichi.co.jp/
株式会社東日製作所(本社:東京都大田区、設立年:1949年5月、代表取締役:辻修)はトルク機器のグローバルニッチトップ企業 です。
Your Torque Partnerのブランドスローガンの下、トルク技術を通じて安全な社会の実現に寄与致します。また4つのサービス(製品サービス・ビフォアサービス・アフターサービス・ワールドワイドサービス)により安心して東日製品がお使い戴けるよう努力しております
◆東日製作所は「日本の優良企業パーフェクトブック2017年度版」※※ の『特集2「世界シェアをリードする注目の中堅・中小企業59」』にて紹介されました。
※2014/3/17発表、経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」より
※※編集/発行:日経HR、発売:日本経済新聞出版社 ISBN978-4-532-69201-8

図-1 CSPFD100N3×15D
図-2 新製品FD/FDDのカタログ表紙

この PR News の情報をもっと見る