• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEPR News > 衝突、破壊、大飛散 – なぜ安全性は自律車両に取り重大な意味を持つのか

アンシス・ジャパン

衝突、破壊、大飛散 – なぜ安全性は自律車両に取り重大な意味を持つのか

事例

  • 2017/12/30 00:00

自律自動車の開発と展開には、止められない勢いがあるように思われます。最新の先進運転支援システム(ADAS)やドローン、インテリジェント・ロボットについての記事を目にしない日はありません。これらの情報ラッシュは市場を活性化していますが、その反面、それがもたらす完全な自律性と非常に強力に宣伝されている社会的恩恵に関して、これらの技術がいまだ初期段階に留まっていることにいつも気付かされます。

例えば、ラスべガスで運用が始まった自律運転バスは、そのサービス開始の初日から2時間未満で事故に巻き込まれました。バスは、人が運転するトラックが前方で止まった際には停止するようにプログラムされていましたが、トラックがバスのフロントフェンダー方向にバックしてきたため、プログラムが働かなかったのです。どの自動車が悪かったとしても、バスの前面窓にある「Look Ma No Driver:見ておかあさん、無人車両ですよ」というスローガンは、まるで格好をつけた子供のようです。良く知られているように、高慢は失敗に先行します。

また、これは初めての事件ではありませんでした。カナダでは、10月に遠隔操作で操縦されたドローンが小型旅客機に衝突しましたが、おそらくこの種の記録された初めての空中衝突です。

夏の少し前に”陸地から水中へ移動して、人の進化過程に抗った”ワシントンD.C.のセキュリティ・ロボット「スティーブ」についてのニュースを耳にしませんでしたか?残念なことに彼は水泳に対する備えがなく、人間の同僚によって池から無造作に引き揚げられて一日を終えました。もしロボットが気恥ずかしく思ったとしたら、彼の頬はとても赤くなっていたことでしょう。

幸いなことに、これらの「空中衝突」や「水没」においては誰も怪我をしませんでした。しかしこれらの事件の1つが負傷につながったか、更に悪いことを引き起こしていたという可能性があります。

また、このことは自律車両が取り組む必要がある安全性の二元論的な性質を明らかにしました。第一に、彼ら(自律車両)は、ラスべガスの自律運転バスに乗った乗客のような、自律的に搬送される人や物体向けに安全な環境を提供する必要があります。第二に、彼ら(自律車両)はそれ自身、または近くの人々や物体(ドローンまたはスティーブなど)に対する安全性の脅威であってはなりません。

ほとんどの場合、自律車両はより広範囲にわたって配備される前に安全性判定基準を満たす必要があり、監査機関や公共機関による承認を受けている必要があります。これは今日自律車両の開発者が直面している最大の課題の内の1つです。Googleで自動運転車開発を担当する企業Waymo(ウェイモ)は、彼らの自律車両が道路上で8年間、約350万マイル(約563万km)の走行経験を蓄積したとするレポートを最近発表しました。
これに対して専門家は「自動運転アルゴリズムを安全性と処理能力において信頼できるレベルに達するための訓練には50億~100億マイルが必要」と予想しています。これらの数学は、路上でのテストのみが実用的なソリューションでないことを物語っています。

だとしたら、どうすれば良いのでしょうか?Waymoが発表した同レポートには、物理的な路上でのテストと並行して、シミュレーションがどのように1日合計800万マイルの25,000台の仮想自律車両の運転を可能にするかという記述があります。これらのシミュレーションは、各種センサやチップ、プロセッサからビークルダイナミクスと自律車両が動く仮想環境の全てにわたっています。この仮想テストはデータ管理基盤によって支えられており、同時にすべてを動かすシミュレーション・プラットフォームに包含されています。ただ、これらのシミュレーションは、今現在の車両開発には適用されていません。運用において、これらの自律車両は学び続け、開発していく必要があります。すり合わせ運転 – 運用シミュレーションは、進行中の学習への鍵でもあります。

そしてあなたがシミュレーションについて話す際には、ANSYSについて言及しなければなりません。自律車両シミュレーション向けのシミュレーション・プラットフォームと深いマルチフィジックス機能における歴史の結合により、ANSYSは自律車両を市場に供給するための競争においてお客様を支援するだけでなく、また、お客様の製品が乗員や周囲にとって安全なことを確認するための最先端のソリューションを提供しています。

▼記事の続きは『この PR News の情報をもっと見る』をクリック!

この PR News の情報をもっと見る