• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEPR News > SequansとST、LTE通信対応のトラッキング用プラットフォームを発表

STマイクロエレクトロニクス(株)

SequansとST、LTE通信対応のトラッキング用プラットフォームを発表

製品・サービス

  • 2017/12/08 00:00

大手LTEチップ・メーカーのSequans Communications S.A.(NYSE:SQNS、以下Sequans)と、多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、両社の技術を融合したLTE通信対応の新しいトラッキング用プラットフォーム「CLOE」を発表しました。Connecting and Locating Objects Everywhereの頭文字をとって名づけられたCLOEは、両社のIoTテクノロジーを融合した包括的なプラットフォームで、ロジスティクス、コンスーマ機器、車載機器など、さまざまな市場において、LTEを用いたIoTトラッキングシステムの開発を簡略化します。

IoTトラッキング機能のシステム導入に特化して設計・最適化されたCLOEは、SequansのLTE Cat M1/NB1チップ「Monarch」と、STの全地球航法衛星システム(GNSS)対応測位用IC「Teseo III」を統合しており、業界最先端の通信性能および衛星によるトラッキング性能を実現できます。

STのインフォテインメント・ビジネスユニット担当ディレクターであるAntonio Radaelliは、次のようにコメントしています。「CLOEは多様な市場を対象としており、バッテリ寿命、測位精度、到達能力、モビリティ、通信頻度など、トラッキングに重要なすべての機能についてクラス最高の性能を備えています。STのナビゲーション技術とSequansのLTEモデム技術を『コンポーネント化』することで、CLOEは、あらゆるトラッキング・システムを構築するための理想的なプラットフォームとなっています。」

SequansのIoTビジネス・ユニット・バイスプレジデントであるDanny Kedarは、次のようにコメントしています。「STの最新世代のTeseo IIIと、当社のMonarchを組み合わせることで、低消費電力でコスト・パフォーマンスに優れたオール・イン・ワンのソリューションが実現し、新しいIoT機器を非常に短期間で製品化することができます。CLOEは、超低消費電力かつ信頼性の非常に高いLTE通信の実現に加えて、高性能なGNSS測位用ICおよび加速度センサの搭載により、初回測位時間(TTFF : Time To First Fix)を最小限に抑えることができます。」

CLOEの特徴
• トラッキング・システムを実現するターンキー・ソリューション
• PMU、LTE通信チップ、GNSS測位用IC、メモリおよびマイコンを集積したチップセット
• 通信事業者の認証を取得した市場初の製品
• LTE Cat M1とNB1の両カテゴリに対応
• 単一ハードウェア設計で世界中のLTEバンドをカバー
• 業界をリードするGNSS測位精度と初期位置算出時間
• 測位時間の最適化に向けた自動/サーバ・ベースのAssisted GPS(AGPS)に対応
• 多様な分野で探知・追跡が可能な設計
oロジスティクス
oコンスーマ機器
o車載用機器
• 最適化による低消費電力と低コスト
• GNSS対応測位用チップ、セルラー通信用チップ、MEMSを含み、その他のセンサ、Bluetooth、Wi-Fiなどの機能拡張も可能なモジュラー設計

CLOEは、LTE通信用チップ、GNSS対応測位用チップ、加速度センサ、電源、バッテリ制御、LED、ボタン制御など、あらゆる部品を使用した製造に対応するよう設計・最適化されています。モジュラー設計により、組み込みが容易で、コストを最適化できます。また、カスタマイズも簡単に行うことができます。

CLOEは、サンフランシスコで開催されるMobile World Congress Americas(9月12日~14日)のSequansブース(北ホール、N.501)でデモが実施されました。CLOEは、SequansとSTの両社から提供され、2017年第4四半期に入手可能となる予定です。販売に関する詳細については、sales@sequans.comまでお問い合わせください。

この PR News の情報をもっと見る