• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEPR News > STとAirbiquity、車載用プロセッサ向けのセキュアなOTAソフトウェア・アップデートをデモ

STマイクロエレクトロニクス(株)

STとAirbiquity、車載用プロセッサ向けのセキュアなOTAソフトウェア・アップデートをデモ

製品・サービス

  • 2017/05/31 00:00

• STの革新的なTelemacoベースのコネクテッドカー・アーキテクチャに、Airbiquity社のテクノロジーを統合し、強力でセキュアなOTA(Over-the-Air : 無線通信)アップデート機能を実現
• Mobile World Congress 2017(スペイン・バルセロナ、2月27日~3月2日)のSTブース(No.7A61)に展示

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)と、コネクテッドカー・サービスで世界をリードするAirbiquityは、世界最大のモバイル機器のイベントであるMobile World Congress 2017(MWC 2017)において、STのテレマティクス / コネクティビティ・プロセッサ(Telemaco)に、Airbiquityのソフトウェア・アップデート管理サービスを統合したデモを実施します。

MWCに展示するデモは、STのTelemaco3評価ボードに統合されたAirbiquityのOTAソフトウェア / データ・マネージメント機能を特徴としています。ソフトウェア・アップデート・キャンペーンのさまざまなシナリオおよび自動車メーカーの代表的なOTAユース・ケースを想定し、クラウドを使ったAirbiquityのサービスと、STのTelemaco3評価ボードとの相互運用性に着目することで、このテクノロジーがどのように消費者、車両および車両メーカーを保護するかをご覧いただけます。

Airbiquityのエンジニアリング担当副社長であるJohn Tuttleは、次のようにコメントしています。「当社のソフトウェアおよびデータ管理機能を、テレマティクス用として幅広く採用されているSTのTelemacoファミリに統合することで、すぐに使用できるコスト効率の高い、セキュアなソリューションを実現することができます。このソリューションは、STのTelemaco3によってセキュリティを強化されたスマート・ゲートウェイ・プラットフォームを通じ、複数の車両テレマティクスおよび電子制御ユニットに向けたエンド・ツー・エンドのOTAソフトウェア・アップデート機能を提供します。自動車メーカー各社は、そのポートフォリオ全体にOTAソフトウェア管理ソリューションを展開することで大きなメリットが得られるため、当社はこのテクノロジーの組み合わせが非常に大きな潜在性を持っていると考えています。」

STのオートモーティブ・デジタル事業部 インフォテインメント担当ディレクターであるAntonio Radaelliは、次のようにコメントしています。「テレマティクス / コネクティビティ・プロセッサのTelemacoファミリは、STのSmart Driving技術の中核として、劇的に向上した処理性能と強化されたハードウェア・セキュリティ・モジュールを特徴としており、豊富な機能を持つコネクテッドカー・アプリケーションをサポートおよび保護するように設計されています。これらの基本的な要素に、Airbiquityのエンド・ツー・エンドのソフトウェア・アップデート管理機能が加わることで、テレマティクスおよびスマート・ゲートウェイ・ソリューションの完全な業界標準が実現しました。これにより、サイバー攻撃からの防御、コネクテッドカー機能のセキュリティ確保、および車両の使用期間を通じた性能のアップデートが可能となります。」

Telemacoファミリの製品は、車載用テレマティクス・システムに通常必要となる、無線データ管理を行う広帯域(1Gb/秒イーサネット)通信機能と高い処理性能を提供します。さらに、独立したCortex-Mサブシステムは専用のリアルタイムOSで動作し、メインアプリケーションの影響を受けることなく車両CANバスの制御が可能です。TelemacoプロセッサはメモリとCPUコアを柔軟に構成できるため、機能豊富なLinux OSやその他のPosix 仕様のOSを必要とする多様な車載通信アプリケーションに対応した柔軟性の高いシステムを実現できます。

Airbiquityのソフトウェア / データ管理機能は、複数のECUのソフトウェア更新やコネクテッドカーとしてのデータ収集を効率的かつ自動的に実行できるよう設計されています。このソリューションは、高度に細分化されたキャンペーン・ターゲットの設定および承認を可能にする、洗練されたバックエンド管理機能を特徴としています。また、地域や数量および自動車業界が要求するIT関連要件に柔軟に適応することが可能です。

お問合せは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:
■アクシスデバイス・テクノロジー(株) マーケティング&セールス部 03-5484-7340
■クロニクス(株) 営業部 03-5322-7191
■都築電気(株) ソリューション技術部 03-3502-2533
■(株)ネクスティ エレクトロニクス マーケティング本部 03-5462-9622
■バイテックグローバルエレクトロニクス(株) 03-3458-0301
■伯東(株) 電子デバイス第二事業部 03-3355-7635
■(株)マクニカ 営業統括部アカウントセールス1部 045-470-9831

この PR News の情報をもっと見る