• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEPR News > Sigfoxに対応するプラグ・アンド・プレイ型のIoTセキュア・エレメント

STマイクロエレクトロニクス(株)

Sigfoxに対応するプラグ・アンド・プレイ型のIoTセキュア・エレメント

製品・サービス

  • 2017/04/26 00:00

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、最先端のセキュリティ機能を提供するプラグ・アンド・プレイ型のセキュア・エレメント(SE)をSTSAFEファミリに追加しました。この新製品は、LPWAN(省電力広域ネットワーク)であるSigfoxに接続される機器に対応します。

新しいSTSAFE-A1SXは、Common Criteria EAL5+認証を取得済みの耐タンパ性を備えたセキュア・エレメント技術を採用しています。この技術により、SigfoxネットワークにおけるIoT機器の通信の完全性と機密性を向上させます。同製品が実行する最適化されたセキュア・アプリケーションには、銀行業務、eコマース、ID分野の電子セキュリティに関するSTの経験や専門性と、急成長中のIoT分野におけるネットワークおよびデータ通信に関するSigfoxの専門性が組み合わされています。

STSAFE-A1SXは、小型かつコスト効率に優れたセキュア・エレメントで、IoT機器やIoT用モジュール内のマイクロコントローラ(マイコン)にI2C(Intelligent Interface Controller)経由で接続します。STのセキュアなパーソナライゼーション・センターにおいて機器IDと鍵のプロビジョニング書き込みが施される同製品は、Sigfoxクラウドへのプラグ・アンド・プレイによるセキュアな接続を可能にし、データ交換の完全性と機密性を向上させます。また、フレームがアップリンク・メッセージであってもダウンリンク・メッセージであっても、ペイロードの完全性証明を生成あるいは検証し、オプションとして暗号化あるいは復号化を実施できます。鍵とその他の機密情報は、STSAFE-A1SXの製造時からSTSAFE-A1SXが搭載されるシステムの製品寿命を通して、セキュア・エレメント内部で常に保護されています。

STのマイクロコントローラ & デジタルICグループ、セキュア・マイクロコントローラ事業部マーケティング・ディレクターであるLaurent Degauqueは、次のようにコメントしています。「当社は、Sigfoxのセキュリティ・サービスを耐タンパ性を持つ認証取得済みのSTSAFE-A1SX上で実行させることにより、Sigfox Ready™機器メーカーおよびSigfoxアプリケーション・プロバイダによる最先端かつ包括的な(end-to-end)セキュリティの実装をサポートします。STSAFE-A1SXは、Sigfoxネットワークのセキュリティをこれまで以上に強化すると共に、その実施を容易にします。ユーザはこのセキュア・エレメントをSTM32などの汎用マイコンに接続するのみでよく、アプリケーションの開発に専念することができます。」

Sigfox社の最高マーケティング責任者(CMO)のLaetitia Jay氏は、次のようにコメントしています。「IoTソリューションの設計・開発の初期段階において、セキュリティ・アーキテクチャの考察と計画を行うことは、かつてないほど重要になっています。STとの協力は、パートナーやお客様に、耐タンパ性を備えた最先端の認証取得済みセキュリティ・ソリューションを提供するために不可欠です。STのセキュア・エレメントを、Sigfoxライブラリ、STM32およびS2-LP(Sub-1GHzトランシーバ)と組み合わせることで、超低消費電力かつ高性能なターンキー・ソリューションが実現し、IoT機器やセンサ機器をクラウドに接続するための各種アプリケーションにおいて包括的な(end-to-end)セキュリティ・レベルをさらに向上させられます。」

STSAFE-A1SXには、STSAFEファミリのその他の製品と同様、ツールとソフトウェアの完全なエコシステムが用意される予定です。そのため、セキュリティに関する専門知識の有無にかかわらず、開発スピードを速めることができます。この製品には、STM32 Open Development Environmentに準拠した拡張ボードが用意されます。また、STは、S2-LPおよびSTM32を含め、Sigfox Ready機器の完全なリファレンス設計を提供しています。

•NUCLEO-L053R8 : STM32L053R8マイコン搭載のSTM32 Nucleo-64開発ボード
•STEVAL-FKI868V1 Sub-1GHz開発キット:S2-LPを制御する低消費電力STM32Lマイコン、およびファームウェア更新用のST-LINK/V2-1デバッガとプログラマを搭載
•STSAFE-A1SX

STSAFE-A1SXは、2017年5月に量産が開始される予定で、SO8N(4 x 5mm)およびUFDFPN8(2 x 3mm)の2種類のパッケージで提供されます。価格およびサンプルについては、STのセールス・オフィスまでお問い合わせください。

お問合せは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:
■アクシスデバイス・テクノロジー(株) マーケティング&セールス部 03-5484-7340
■クロニクス(株) 営業部 03-5322-7191
■都築電気(株) ソリューション技術部 03-3502-2533
■(株)ネクスティ エレクトロニクス マーケティング本部 03-5462-9622
■バイテックグローバルエレクトロニクス(株) 03-3458-0301
■伯東(株) 電子デバイス第二事業部 03-3355-7635
■(株)マクニカ 営業統括部アカウントセールス1部 045-470-9831

この PR News の情報をもっと見る